1. Loading...

RE:aktiv

Read more

Better flow, better ride

走っているトレイルと一つになれることが、どれほど気分良いのかをみんな知っているはずだ。気を散らすものは一切なく、サスペンションの動きが不安定になることもない。これこそが重要なのだ。RE:aktivが、さらなるフローを与えてくれる。

ペダリング時の沈み込みに効率を奪われることなく、可能な限りアグレッシブに加速できるだろう。リアショックが瞬時に路面を追従すると知っているので、難易度の高いラインに、自信を持って挑めるだろう。コーナーから飛び出るとき、それまでよく動いていたショックが瞬時に踏ん張るように変化することのありがたみを感じるだろう。ただ走るだけで、その素晴らしさを感じるだろう。

RE:aktivは、最高のタイミングで完璧な仕事をするサスペンションだ。トレイルでの調整も、効率と操作性とを選ぶ必要もない。トレイルで何に出くわそうと、得られるのは本当の自信と楽しさだけ。

レースコースからバイクパークまで

Formula 1とマウンテンバイクの共通項とは?どちらともサスペンションシステムに求める性能は究極そのもの、直線とコーナーでの最高の安定性や操作性、突然の衝撃にも瞬時に反応する応答性を、すべて同時に必要とする。長年、マウンテンバイクサスペンションのエンジニアにとっての究極の挑戦は、ペダリングとコーナリング時は踏ん張り、サポート性に優れ、急な衝撃を受けてもラインの外へと飛び出すことのない、積極的に動くショックを設計することだった。

RE:aktivは、それを実現する最も効率のよいテクノロジーである。イナーシャバルブが長年挑んできたものが、ついに実現したのだ。RE:aktivはペダリング時には踏ん張るが、必要なときには積極的に動くようスムーズかつ瞬時に変化し、バイク本来の性能を引き出し、ライダーに自信を与えてくれる。RE:aktivが常に両方の特性を最高レベルで提供するのが、重要な点である。これを2種類の仕組みではなく、リアショックに組み込まれた構造として、トレイルにあるすべての障害物に確実に対処するのだ。

RE:aktivは、自動車レース用サスペンションの設計において、世界のリーダー的存在であるPenske Racing Shocksの専門家やFOXが共同で開発し、サスペンションデザインにおいて、マウンテンバイク史上最も洗練されたダンピング テクノロジーを求める最高の技術者らが生み出した。

F1とのつながり

RE:aktivの直感性は、レグレッシブ ダンピングシステムの成果である。F1 レースの過酷な現場で実証されたレグレッシブ ダンピングは、ダイナミックで万能だ。マウンテンバイクのサスペンションシステムのほとんどは、プログレッシブまたはディグレッシブ ダンピングを採用しており、これらは様々な障害物に効率よく対処できないのである。そのようなシステムはまた、コーナリング時に求められるアクティブでサポート性と操作性に優れるサスペンション動作から、直線やトレイルといった穏やかなセクションでの高速走行に必要なペダリング効率に優れた動きへと、スムーズに切り替わらない。

トレックのエンジニアは、時速200マイル(320キロ)で段差を通過し、コーナーへと飛び込んでいくF1に使われているこのテクノロジーのすごさに気づき、マウンテンバイクにも応用できると考えた。そこで、業界の最王手であるPenske Racing Shocksと提携を結び、プロトタイプを開発。Foxとトレックが、Penskeのカスタムデザインを応用するのに必要な専門的知識を持ち込み、RE:aktivが誕生した。

最も適応性に優れたレグレッシブダンピング

高性能ダンピングは、サスペンションにとって必須の構成要素である。ダンピングは、ペダリング時にバイクの動きを抑制するが、これは障害物を乗り越えるときやコーナーを駆け抜けるときに妨げとなる。

レグレッシブダンピングが必要な時にだけ作用するのは、その切り替わりがシャフト速度に敏感であるためだ。シャフト速度に影響を及ぼすものとは?ペダリングなど、ライダーによる入力のほとんどが低速な動きであるのに対し、路面からの入力は鋭い衝撃となり、これがシャフトを高速で動かす。RE:aktivでは、シャフト速度の低い入力はパフォーマンスに影響を与えないが、ある一定速度を超えると、すぐさま劇的にショックの機能を変化させる限界点が設けられている。シャフト速度が急激に高まると、あるいはショックが素早く縮もうとすると、サスペンションを開いてしなやかに、かつ滑らかに反応する。これはまさに、1台のバイクが2つの異なるショックを持つようなもの。

通常、ペダリング中のライダーからの入力は、ショックを開くほど高い速度にはならない。これがサスペンションの切り替えを必要とする路面からの入力とペダリングとを区別する、RE:aktivの能力の仕組みである。凹凸が突然現れると、このショックはそれまでとは異なる動きを示す。ショックは沈み込みと同じだけ速く伸びる。これはつまり、凹凸をしっかり追従しつつも、その切り替わりで効率を犠牲にしないのだ。この切り替わりの速度が、RE:aktivに他にはない感覚を与えている。これこそ、ライダーが長年求めていたものである。

ムダのない動き

長きに渡り、イナーシャバルブがマウンテンバイクのサスペンションで、ダンピングの役割を果たしてきた。この技術は、バルブを閉じて効率を上げるうえではとても優れている一方、路面変化に適応できているとは言えなかった。

RE:aktivは、このシステムの切り替えに求められる入力が大きすぎるという、その主な欠点に取り組むべく設計された。イナーシャバルブは重力に反応するため、ショックが開くべきときに開かないのである。難易度の高いトレイルで、2、3個目の凹凸に差し掛かるまでショックが完全に切り替わらないと、その間に操作性とフィードバックが犠牲になる。

この問題は凹凸やコーナーの後半で発生、このときにショックが動作しなくてよいと感知し、ダンピング機能が再度切り替わるまでに、タイムラグが発生してしまう。基本的に、イナーシャバルブは機能はするが、実際の状況を認識するのに時間が掛かる。異なる入力をすぐに特定できず、路面変化に対してバルブの開閉を判断できないため、オフロードで誤作動を起こしがちなのだ。簡単に言うと、他のテクノロジーは、RE:aktivの直感性と瞬時の反応性を持っていないのである。

設定したら、あとは走るだけ

RE:aktivは、登りやトレイルモードといった、現在のサスペンション調節を補完するために設計された。RE:aktivは、3つすべてのモードで効率よく作動し、状況に適したモードを選ぶだけで、あとはライドに集中できる。ライドの流れ、フローを途切れさせずに、走行中にサスペンション設定を変えられたら、素晴らしくないだろうか?これこそ、このショックが優れている理由である。

RE:aktivを搭載するバイク

RE:aktivは、トレックのフルサスペンションフレームとシームレスに一体化するよう開発された独自技術である。Fuel EX、Remedyの一部と、現在ではFarley EXがこれを搭載している。

製品の比較用ラック

比較を始める
日本 / 日本語
You’re looking at the 日本 / 日本語 Trek Bicycle website. Don’t worry. We’ve all taken a wrong turn before. View your country’s Trek Bicycle website here.