1. Loading...

本当の冒険は、舗装が終わった時点で始まる

グラベルは、ライドを楽しむ新たな方法として人気が近年上昇している。それにはちゃんとした理由がある。そのような道は無数にあり、舗装路を走るより魅力的で、自動車はあまり通らず、誰でもできるからだ。

グラベルライダーは概ね、どんな冒険でも楽しいものに変える方法を知っている人々。現在のサイクリングで急成長中のこのカテゴリーを試してみたい? そこで、グラベルバイクとギアについての全てを紹介しよう。これで初めてのグラベルでの冒険も、最高の思い出となるはずだ。

グラベルバイクとは?

グラベルバイクは、舗装路から砂利道までと、多用途でさまざまな路面を走れるバイク。道に誘われるがままに散策しながら走りたい時に最適だ。

その走りは、さながらマルチタレントと言ったところ。真剣にも、遊びながらも走れてしまう。ほとんどのバイクはドロップバーとエンデュランスロードバイクの快適なジオメトリーを備え、マウンテンバイク並みの太さのタイヤを履いているのが特徴だ。タイヤが太くなると、快適さが上がり、不安定な路面でより多くのトラクションを得ることができる。

また、ギアや飲み物などを運びやすくするよう、数多くのマウントを備えているので、より遠くまで冒険し、必要なもの全てを持ち運べるのだ。

グラベル専用バイクは必要?

根本的に、グラベルライドは、舗装路を走るようなもの。どんなバイクだって構わない。しかし、グラベル専用バイクはよりタフな路面に対処できるよう作られているので、より快適で効率よく走ることができる。

ふと冒険しようと思い立つも、グラベルバイクを持っていなければ、ディスクブレーキと太めのタイヤを備えたバイクをお薦めする。この2つは、緩んだドロドロの路面でも、高い操作性、安心感、制動力を与えてくれる。

トレックのグラベルバイクを見る

何を着たらいい?

グラベルを走るときに何を着るかは、個人の好みだ。ライクラで全身を武装するもよし、もっとカジュアルでもよし。グラベルのイベントでは、シャモアから切りっぱなしのショーツまで、さまざまな格好を目にする。快適であれば、それが一番なのだ。

サイクリング専用アパレルは、長距離ライドに適している。バイクショーツやビブにはシャモアが縫いこまれ、サドルに座っても局部は快適に保たれる。サイクリングジャージには背中にポケットが付いており、ツールや補給食などの必須品を便利に持ち運べる。

どんなギアが必要?

どんな大冒険でも、まずはたくさんのリスト、念入りな計画、多すぎる荷物のパッキングから始まる。

冗談はさておき、素晴らしい冒険は自然と起こるもの。しかし、必要なものさえ用意しておけば、ふと旅に出ようと思った次の瞬間にはペダルを漕いでいるはずだ。

こちらがお勧め:
- たくさんの水
- 前後の日中点灯用ライト
- グローブ
- バッグを積んだラック、フレームパックまたは軽めのバックパック
- パンク修理キット、予備チューブ、ポンプ、マルチツール
- 地図とGPS コンピュータ

プロが教えるグラベルライドのコツ

視線は常に前に

人通りの多い道を外れると、美しい(そしてついつい興味の出てしまう)場所へと辿り着ける。しかし、グラベルの路面は不安定なことが多いため、常に前を見ながら向けて走ろう。

水をたくさん持って行こう

グラベルバイクにマウントが多いのには、理由がある。オフロードの冒険に出ると、実際に必要な水の量に驚くはず。安心して水を飲めない辺ぴな場所になるほど、その量は増える。

気楽に構えよう

これは特に驚くことでもないだろうが、グラベルは、あなたが慣れ親しんだ舗装路よりスムーズではない。荒れた路面を走るのに腕や脚がこわばってしまうのは当たり前のこと。そこで、体をできるだけ柔らかく使おう。振動に抗うのではなく、吸収するのだ。

長く急な坂が現れても、サドルにどっしりと座って登ろう。

緩んだ路面はトラクションがなかなか得られず、スタンディングで走るとホイールが空回りしてしまうことも。

グラベルのイベントに出てみよう

グラベルレースの捉え方は人それぞれ。もちろん、1位を狙ったっていい。たった一人で走り、自分の限界に挑戦するのもいい。グラベルレースに出る理由は何であれ、楽しむ気持ちが大切だ。グラベルのシーンは、ゴールするのと同じだけ、楽しむことを重要視する。

最も忘れてはならないのは、ライドを楽しみ尽くすこと。

Checkpoint

いざ、グラベルの旅へ!Checkpointは、オールロードアドベンチャーの広い世界へとあなたを誘う1台。あなたの相棒を手に入れよう。

詳しくはこちら

製品の比較用ラック

比較を始める
日本 / 日本語
You’re looking at the 日本 / 日本語 Trek Bicycle website. Don’t worry. We’ve all taken a wrong turn before. View your country’s Trek Bicycle website here.