あなたのライド経験の大小を問わず、いつかは必ずパンクが生じ、あるいは修理の方法を知る必要が出てくる。タイヤやチューブのメンテナンス、交換、あるいは修理が難しくなく、適切な工具と知識さえあれば自宅で簡単に行えると知っておけば、パンクをしたときに役立つはずだ。

見てみよう: タイヤに空気を入れる方法

タイヤの空気圧が適切だと、走りが大きく変わる。その場合、より快適に走ることができ、グリップとハンドリングが高まるのだ。しかし、低すぎるとリム打ちパンクしやすくなり、転がり抵抗が増え、タイヤがすぐに磨耗する。逆に高すぎるとガタガタ走り、トラクションが下がってしまう。そこで、ちょうど良い空気圧に設定する方法を教えよう。以下のビデオを見れば、タイヤに空気を簡単に入れられるようになる。

見てみよう: パンク修理方法

タイヤがパンクしても、ライドが終わりというわけではない!ライドを再開するには、道路脇でできる修理がいくつか存在する。予備チューブ、パッチキット、タイヤレバー、ハンドポンプからなるチューブの修理キットは、ライドに欠かせない。走るときは予備チューブを必ず持っていき、パンクしたら交換するのが最善だ。予備チューブを持っていなければ、パッチキットでパンクを修理しよう。チューブにパッチを貼ることで、自宅まで乗って帰ることができる。ただし、パッチは耐久性に優れないことが多いため、これは長期的な解決策にはならない。

タイヤ交換のタイミング

「このタイヤはもう寿命かな?」と思ったあなた。タイヤの中には摩耗マークが組み込まれているものがあり、トレッドがそのマークまで摩耗すると、交換時期に達したことを教えてくれる。それを持たないタイヤの場合、ゴムの劣化(カチカチな見た目、色あせ、あるいはひび割れた状態)、ゴムから内側の繊維が覗いている状態、あるいは偏摩耗したトレッドに着目しよう。

トレッドの向き

一般的なタイヤは、効率、寿命、速度を最も引き出せるよう、一方向に転がるよう設計されている。タイヤを取り付ける際は、サイドウォールに書かれたタイヤの回転方向を示す矢印の向きに気をつけよう。

バイクタイヤをカテゴリーごとに探す

関連記事

{{ $t('productCompare.rack') }}

{{ $t('productCompare.startComparison') }}
日本 / 日本語
You’re looking at the 日本 / 日本語 Trek Bicycle website. Don’t worry. We’ve all taken a wrong turn before. View your country’s Trek Bicycle website here.