A closeup of two hands operating a bike pump.

タイヤの空気圧が適切だと、走りが大きく変わる。その場合、より快適に走ることができ、グリップとハンドリングが高まるのだ。しかし、低すぎるとリム打ちパンクしやすくなり、抵抗が増え、タイヤがすぐに磨耗する。逆に高すぎるとガタガタ走り、トラクションが下がってしまう。そこで、ちょうど良い空気圧に設定する方法を教えよう。以下のビデオを見れば、タイヤに空気を簡単に入れられるようになる。

最も売れているポンプ

手順

始める前に、チェーンの掃除は汚れを伴うことを忠告しておこう。だからタキシードは脱ぎ捨て、グローブをはめて作業しよう!

1. まず、適切な空気圧を知ろう。ボントレガーの全てのタイヤのサイドウォールには、推奨空気圧が記載されている。

2. 次に、お使いのタイヤのバルブにポンプが適合しているか調べよう。どのタイヤもシュレーダーかプレスタバルブを採用し、ほとんどのボントレガーのポンプは両方に適合するのだ!お使いのポンプが両方に対応していなければ、最寄りのショップでアダプターを買おう。

3. バルブにダストキャップが付いていたら外す。

4. シュレーダーバルブなら、すぐにポンプを取り付けられる。

5. プレスタバルブなら、先端を緩めて開ける。バルブコアを内側に押し込んで、緩んでいるかどうかを確認しよう。空気がシュッと出てきたら正解だ。

6. ポンプヘッドをバルブにできるだけ深く差し込み、しっかり固定する。次に、レバーを起こしてヘッドをロックさせる。

7. ヘッドを左右に動かしてみる。内側でバルブが動くのを感じられたら、それはしっかり固定できていない証拠。もっと深くまで差し込もう。

8. ポンプをしっかり固定したら、ポンピングを開始する。ポンプから空気の漏れる音が聞こえてきたら、ヘッドの固定不足だ。手順7からやり直そう。

9. ゲージを見ながら空気を入れていく。サイドウォールの推奨空気圧の範囲内まで空気が入れば終わりだ。

10. レバーを倒してヘッドのロックを解除し、バルブから素早く引き抜こう。プレスタバルブの場合は、先端の閉め忘れに注意しよう。

11. ポンプヘッドをバルブにできるだけ深く差し込み、しっかり固定する。次に、レバーを起こしてヘッドをロックさせる。

ここまででタイヤの空気圧に詳しくなったはず。そこで、走る前のタイヤチェックを欠かさないようにしよう。手でタイヤを優しく握るか、空気圧ゲージでチェックするだけで良い。そうすれば、最高のライドを楽しめる。また、CO2 カートリッジをジャージのポケットに入れたりバイクに取り付け、ライド中に空気を素早く入れられるようにしても良いだろう。

日本 / 日本語
You’re looking at the 日本 / 日本語 Trek Bicycle website. Don’t worry. We’ve all taken a wrong turn before. View your country’s Trek Bicycle website here.