始まりへ、ようこそ

バイシクルブランドが環境に配慮するのは当然のこと。私たちは、渋滞、公衆衛生、気候変動といった世界の複雑な問題の多くに解決策となる製品を毎日造っています。しかしあまりにも長い間、我々はこの製品が環境を守る『優等生』と過大評価してきました。人と地球のためになる製品でも、環境負荷が生じます。その環境負荷を私たちは自覚すべきです。

2020年、私たちが地球に及ぼしている影響を理解し、それに対して計画を立てるため、初の二酸化炭素排出量の検査を実施しました。このレポートは、環境負荷を軽減するために行った行動、目標、変化のためのビジョンを説明しています。

これらは、私たちが最後までやり遂げることを約束する旅の第一歩です。10年後に振り返ったときに達成された進歩を誇りに思えるよう、進捗状況を定期的に報告し、学びと成功を共有していきます。

10. 空輸への依存度を減らす

空路、陸路、海路を問わず、製品の輸送は事業活動での二酸化炭素の最大の排出源となる。空輸は、海運と比べ84倍もの二酸化炭素量を排出する。私たちはサプライチェーン全体と連携して手法を改善し、2024年までに空輸距離を75%削減する。

9. 販売店への集約出荷を行う

ヨーロッパ本土の販売店では、地上輸送による排出量削減のために集約輸送を行い、倉庫から店舗までの輸送距離を大幅に短縮した。2024年までに世界的な集約出荷を行うことを目指している。

8. 再生可能エネルギーの利用を増やす

私たちのグローバル本社では現在、風力60.6%、バイオガス33.3%、太陽光6.1%の割合で電力を利用している。カリフォルニア州の配送施設ではすべて再生可能エネルギーを利用し、ニュージャージー州の施設でも2021年に同様の移行を行う。2023年までに、すべての所有施設で再生可能エネルギーのみを利用します。

7. 出張を減らす

企業出張は事業活動全体の排出量の7%に過ぎないが、コロナ禍において、出張を減らしても効率的にビジネスを運営できるのを学んだ。2021年の出張はコロナ禍前の50%に減らし、今後も飛行機での出張を減らしていく。

6. 代替材料の利用を増やす

私たちは循環型デザインを目指し、可能な限り、リサイクル、再利用、再生品の素材を使用することを約束する。現在、38の製品に再生材やリサイクル材が使われているが、これはほんの始まりに過ぎない。

5. 廃棄物の無い製造施設を作る

2020年より私たちは、アメリカにある製造工場で発生する廃棄物を把握し、削減を始めた。現在は新システムを導入し、物流センターや小売店、ドイツの製造施設に伝えられるプロセスを構築している。また2024年までに埋め立て廃棄物をゼロにすることを目標とする。

4. 新しいトレイル作りと保護

より多くの人にバイクに乗ってもらうこととは、バイクに乗れる場所を世界に確保することを意味する。2021年に設立されたTrek Foundation は、公共のバイクトレイルやインフラ作り、むやみな開発から土地を保護するための資金援助を行っている。

3. プラスチック廃棄物をなくす

2020年、最人気モデルのMarlin は、リサイクルできない梱包材を半分に減らした新しい梱包で出荷されるようになった。私たちはこの手法を他のバイクやアクセサリーにも広く採用し、年間433,600ポンド(約197トン)のプラスチックを削減できた。

2. シェアバイクの利用を拡大する

2009年以来、トレック所有バイクシェアシステム『BCycle』は、より健康的で持続可能である新たな交通手段を35都市で提供することで、渋滞や交通機関による二酸化炭素の排出量を減らしてきた。今後もその成長を加速させることを約束する。

1. バイクの利用率を増やす

バイクは変革の真の担い手である。私たちにできる最も影響力があることは、最もシンプルなこと。つまり、より多くの人にバイクに乗ってもらうことだ。私たちはバイクのための普及活動を行う。また市政や個人がより低負荷の交通手段を選び、より良いバイクインフラを構築できるような、経済支援も行っている。

世界が必要とする変化を起こすためには、私たち全員の力が必要だ。
世界を変えるため、あなたができることをお伝えする。

日本 / 日本語
You’re looking at the 日本 / 日本語 Trek Bicycle website. Don’t worry. We’ve all taken a wrong turn before. View your country’s Trek Bicycle website here.