Remedy 9.8 | Trek Bikes (JP)
  1. Loading...

2019

Remedy 9.8

/
¥602,000(税抜) (税抜) (税抜) モデル 24477

Remedy 9.8は、ハイグレードなロングトラベルトレイルバイク。テクニカルなトレイルをグイグイと進めるよう作られ、シングルトラックからジャンプまでのすべてに対応できる多用途さと性能を備えている。高剛性のOCLV Mountain Carbon フレーム、カーボンホイール、トレック独自のRE:aktivとThru Shaftを備えたRockShox サスペンション、1x12 SRAM GX Eagle ドライブトレインは、最高にワイルドな冒険にぴったりだ。

取扱ストアを検索する

More options

こんなあなたに最適

ロングトラベルのトレイルバイクがもたらす楽しさを生き甲斐にするオールマウンテンライダー、下りを疾走し、新たなラインで自分らしさを見せつけたい、バイクに操られるのではなく、バイクを操りたいハードコアなマウンテンバイカーに最適。

主なテクノロジー

登りを駆け上がり、下りを安心して攻められる軽量なOCLV Mountain カーボンフレーム、54ラチェットで素早くパワーを伝えるRapid Drive リアハブを搭載したボントレガー Line Carbon 30 ホイール、SRAM GX Eagle 1x12 ドライブトレイン、RockShox 160mm Lyrik RCT3 フォーク、Thru Shaftを採用し、どのショックよりも素早い応答性を備えたRockShox Deluxe RT3 RE:aktiv リアショック。

特長 

Remedy 9.8は、素早く上れるほど軽い、高性能なロングトラベルカーボンバイク。雄大で難関なトレイルを攻め、それらに対処できる機敏で高性能なオールマウンテンバイクが欲しいライダーに最適のオールラウンドなトレイルバイクだ。

ウォークスルー

favorite_borderあなたが気に入る理由

  1. Remedy 9.8は、荒れたトレイルを物ともせず進み、ジャンプやバームで遊ぶのも得意なバイク
  2. Remedyに乗れば、「ちょっと待ってよ」など言わなくてよい。トラベル量は長いが、平坦や登りで驚くほど素早いバイクなのだ
  3. Thru Shaft仕様のRE:aktivは、通常のショックより速く動き、路面追従性と安定性を向上させる
  4. 54 ラチェットのRapid Drive ハブを採用したカーボンホイール、ジオメトリーを変えられるMino Link、Boost148/110 ハブ規格などの高性能バイクに欠かせない最新テクノロジーが満載


特徴

仕様

  • フレームセット

    フレーム
    OCLV Mountain Carbon main frame & seatstay, alloy chainstay, ABP, Boost148, Knock Block, EVO link, tapered head tube, Mino Link, Control Freak internal routing, down tube guard, ISCG 05, 150mm travel
    フロントサスペンション
    RockShox Lyrik RCT3, DebonAir, Charger 2 damper, tapered steerer, Boost110, 160mm travel
    リアサスペンション
    RockShox Deluxe RT3, RE:aktiv with Thru Shaft 3-position damper, tuned by Trek Suspension Lab, 230x57.5mm
  • ホイール

    ホイール
    Bontrager Line Carbon 30, Tubeless Ready, 54T Rapid Drive, Boost110 front, Boost148 rear, tubeless strips included, valves sold separately
    タイヤ
    Bontrager SE4 Team Issue, Tubeless Ready, Core Strength sidewalls, aramid bead, 27.5x2.60˝
  • ドライブトレイン

    シフター
    SRAM GX Eagle, 12 speed
    リアディレイラー
    SRAM GX Eagle, Roller Bearing Clutch
    クランク
    Truvativ Descendant 7k Eagle DUB, 32T Direct Mount
    BB
    SRAM DUB Press Fit, 92mm
    カセット(スプロケット)
    SRAM XG-1275 Eagle, 10-50, 12 speed
    チェーン
    SRAM GX Eagle
    ペダル
    付属いたしません
  • コンポーネント

    サドル
    Bontrager Arvada, austenite rails
    シートポスト
    Bontrager Line, internal routing, 31.6mm, 15.5: 100mm, 17.5 & 18.5: 125mm, 19.5 & 21.5: 150mm
    ハンドルバー
    Bontrager Line Pro, OCLV Carbon, 35mm, 27.5mm rise, 780mm width
    グリップ
    Bontrager XR Trail Elite, alloy lock-on
    ステム
    Bontrager Line Pro, Knock Block, 35mm clamp, 0 degree
    ヘッドセット
    Knock Block Integrated, sealed cartridge bearing, 1-1/8˝ top, 1.5˝ bottom
    ブレーキセット
    SRAM Guide RS hydraulic disc
  • 重量

    重量
    M - 12.93 kg / 28.5 lbs (チューブ付き)
    体重制限
    このバイクの重量制限(バイク本体、ライダー、装備含む)は300ポンド(136kg)です。
事前のお知らせなくスペック、モデル、カラー、素材などの情報を変更する場合があります。予めご了承ください。
バイクおよびフレーム重量は、現時点(重量公表時)で、ペイントされた試作フレームの重量になります。こちらの重量は実際の製品と異なる場合がございます。

サイズ & フィット

以下の表は、身長に基づいた推奨サイズの一覧ですが、最適なフィットのためには手足の長さなどの要素も欠かせません。そのため推奨サイズは重複しています。同じ身長5´8˝ (172cm) のライダーが全員同じサイズのバイクにフィットするわけではない、ということです。あなたにフィットするサイズを見つける最良な方法として、最寄りのトレック販売店に尋ねることを強くお勧めします。

 

ライダーの身長

股下

注記がない限り、すべての寸法単位はcmとなります。

フレームサイズの数値 フレームサイズの文字 ジオメトリー位置 ホイールサイズ A — シートチューブ B — シートチューブアングル 実効シートチューブアングル C — ヘッドチューブ長 D — ヘッドアングル E — 実効トップチューブ F — ボトムブラケット高 G — ボトムブラケット下がり H — チェーンステー長 I — オフセット J — トレイル値 K — ホイールベース L — スタンドオーバー M — フレームリーチ N — フレームスタック
15.5 in S ハイ 27.5" 39.4 68.5° 74.7° 9.5 66.0° 56.0 35.6 0.9 43.3 4.6 11.1 113.9 73.5 40.1 58.3
15.5 in S ロー 27.5" 39.4 68.0° 74.2° 95.0 65.5° 56.2 34.9 1.6 43.5 4.6 11.5 114.0 73.0 39.5 58.7
17.5 in M ハイ 27.5" 41.9 68.5° 74.7° 10.0 66.0° 58.6 35.6 0.9 43.3 4.6 11.1 116.6 76.7 42.6 58.8
17.5 in M ロー 27.5" 41.9 68.0° 74.2° 10.0 65.5° 58.8 34.9 1.6 43.5 4.6 11.5 116.7 76.1 42.0 59.2
18.5 in ML ハイ 27.5" 44.5 68.5° 74.7° 10.5 66.0° 60.3 35.6 0.9 43.3 4.6 11.1 118.3 76.4 44.1 59.2
18.5 in ML ロー 27.5" 44.5 68.0° 74.2° 10.5 65.5° 60.4 34.9 1.6 43.5 4.6 11.5 118.4 75.8 43.5 59.6

製品の比較用ラック

比較を始める
日本 / 日本語
You’re looking at the 日本 / 日本語 Trek Bicycle website. Don’t worry. We’ve all taken a wrong turn before. View your country’s Trek Bicycle website here.