1. Loading...

取扱ストアを検索する

究極のDaytime Running Light

新型Flare RTで、あらゆるライドを安全に楽しもう。前作より36%小さく、30%パワフルで、20%長持ち。改良されたUSB ポートは、雨の日でも水の浸入を防ぎ、特有の点滅、フォーカス、レンジにより、日中でも2km先から視認できる。

製品詳細

  1. 日中に究極の被視認性を発揮する専用デザインのフォーカス、フラッシュ、レンジ
  2. 日中に究極の被視認性を発揮する最大90ルーメンの点滅パターン
  3. 周囲の環境に合わせて明るさを自動調節する内蔵ライトセンサー
  4. Garmin®およびボントレガー ANT+ デバイスと接続し、常にライトを点灯させ、バッテリー状況を監視し、ワイヤレスでライトを操作しよう
  5. 点滅モード: 90LM-6時間、45LM-12時間、5LM-15時間 ステディーモード: 25LM-4.5時間、5LM-13.5時間
  6. 雨の日も安心して走れる新しいUSB ポートとIPX7 防水規格
  7. バッテリー残量が5%になってからライトを30分間点灯させるバッテリーセーブモード
  8. Flare RT本体、リア用Quick Connect ブラケットとマイクロUSB充電ケーブルが付属

おすすめ商品

特徴

いますぐ日中用ライトを見る

いますぐ日中用ライトを見る

点滅する日中用リアライトの使用こそ、サイクリストの存在を自動車ドライバーに知らせる最も効果的な手段であることが研究からわかっている。

被視認性が240%アップ

被視認性が240%アップ

日中にリアライトを点滅させると、被視認性がライト不使用時より最大で240%も向上することが研究から判明した。

フラッシュ、フォーカス、レンジ

すべてのライトが同じように作られているわけではない。本物の日中用ライトは、専用設計のフォーカス、フラッシュ、レンジを備え、日中にある程度離れた距離から視認できる。これら3つが揃っていないのは、ただのライトだ。

詳しくはこちら
より軽く、さらに明るく

より軽く、さらに明るく

新型Flare RTは、コンパクトでパワフル。初期型より36%軽く、ルーメン数は40%アップ。

長くなったバッテリー寿命でもっと長くライドしよう

長くなったバッテリー寿命でもっと長くライドしよう

オールデイフラッシュモードの駆動時間は12時間、低出力モードに切り替わってからも30分間照射できるほどの余裕がバッテリーに残されているので安心できる。

ANT+ およびBluetooth Smart

ANT+ およびBluetooth Smart

Garminおよびボントレガー Transmitr デバイスと接続し、常にライトを点灯させ、バッテリー状況を監視し、ワイヤレスでライトを操作しよう。

仕様

充電式 はい
バッテリー 1 420Li-Poly
重量 40g
事前のお知らせなくスペック、モデル、カラー、素材などの情報を変更する場合があります。予めご了承ください。

製品の比較用ラック

比較を始める
日本 / 日本語
You’re looking at the 日本 / 日本語 Trek Bicycle website. Don’t worry. We’ve all taken a wrong turn before. View your country’s Trek Bicycle website here.