1. Loading...

日中にもライトを点ける理由とは?

車の場合、事故が25%減少した。オートバイでは13%減少。サイクリストがドライバーから視認される可能性を高める最善策は、日中でも視認できるライトを使用することである、と調査により実証されている。

どのようにして、ライトを日中に視認できるようにしているのだろうか?ボントレガーのDaytime Running Light (DRL、日中用ライト)は、日中に周囲があなたを視認できる特性を備えている。以下の特徴が、他のライトと異なる点である。

フォーカス(集中照射)

日中に視認できるライトを作るには、それを意図した設計が必要である。ライトの光の向きを揃えて増強させることで、照射を強め照らす範囲を広げている。これをしなければ、ライトは明るく見えても、日中で視認されない。

フラッシュ(点滅)

多くのテールライトは、一定間隔の点滅パターンを採用している。一定間隔による点滅は、明るさやパターンを絶えず変えるものよりも、視認されにくい。ボントレガー Daytime Running Lightに採用されたデイフラッシュ(日中点滅)モードは、変化する明るさや注意を引きつける点滅パターンで、被視認性を特に強化するために作られている。

レンジ(範囲)

Daytime Running Lightは、ドライバーにより長い反応時間を与えるため、夜間に使うライトよりも明るいのだ。ボントレガー Daytime Running Lightは、モデルによっては日中で2km以上の距離でも視認でき、これは他のライトと比べてはるかに長い距離だ。

最善策

事故に遭う可能性を減らしたいなら、日中に視認できるライトを点滅させて走るのが、サイクリストの被視認性を高める最善策であると、研究からわかっている。

2.4倍

被視認性は、点滅するテールライトを日中に使うことで、ライト不使用時と比べ2.4倍、点灯モード使用時と比べ1.4倍高まる。ボントレガー Daytime Running Lightは注意を引きつける点滅パターンを採用、特に日中における被視認性を高めている。

80%

サイクリング事故の80%は、日中に発生している。Daytime Running Lightは、日中にあなたの被視認性を高める、最も効果的な製品だと言える。

ラインナップ

日中点灯用ライトは、自動車、オートバイ、自転車の接触事故を大幅に減らすことを示してきた(ペイン氏その他、2006)。

製品の比較用ラック

比較を始める
日本 / 日本語
You’re looking at the 日本 / 日本語 Trek Bicycle website. Don’t worry. We’ve all taken a wrong turn before. View your country’s Trek Bicycle website here.