Speed Conceptはどのように最速バイクとなったのか

何年にもわたる集中的な開発の集大成であるSpeed Conceptは、小さな利益をできる限り見つけ出し、それらを膨大な量の綿密なテストとモデリングで最適化してきた。その結果、驚異的な空力特性を持つこのバイクは、これまでにテストした中で最速バイクとなり、アイアンマンのコースでは6分ほどの時間を短縮した。これはアイアンマンレベルの競技ではとても大きな短縮だ。

数値で見る

コナで6分短縮

何千ものCFDシミュレーション

1 マニー

16ワットの節約

どのヨー角でも速い

このヨーチャートは新Speed Conceptと前モデルとを比較したものだ。Y軸は抵抗の大きさ、X軸は風の角度を表している。これを見ると、風がどこから吹いても新型のほうが速いのがわかる。グラフの各ポイントは、風の角度を変割ったときのバイクの性能を表す。これは現実世界での状況を元にしたデータを図っている。例えば0度より7度の方がバイクは速いというのには意味がある。というのも外に出れば必ず風に合うからだ。

カムテール・バーチャル・フォイル(KVF)のチューブ形状

KVF (カムテール バーチャル フォイル)とは、常識を覆すエアロダイナミック形状デザインだ。これは自転車として必要な特性である、軽量かつ高剛性さを維持しつつ、横風をも味方につける、エアロ効果においてアドバンテージをもたらすフレームデザインを意味する。垂直方向のしなりも高めるため、より快適な乗り心地を実現できる。

完全な一体化

隠されたケーブルからストレージまで、Speed Conceptのあらゆる部位は、エアロ性能での優位性を最大に引き出せるよう完全に一体化されている。ボトルや補給食のための最適なエアロスポットを見つけるため、さまざまな構成をテストした。

カスタムエアフォイル

私たちはSpeed Conceptのフレームで、ある部分の最適化に細心の注意を払った。例えば、新しく付くディスクブレーキの抵抗を減らすため、何十ものフォーク形状のシミュレーションを行い、最も空力的に優れたものを見つけた。

小さな積み重ねが高い速度につながる

Speed Conceptは、最初からライダーを想定して設計されている。常識的に考えればそうだ。しかしほとんどの企業は、どの段階でもフルマネキンやライダーを使わずバイクを設計し、テストしている。

最適化された主要部分を見ると、そのほとんどがライダーによる抵抗を相殺するためのものであることに気づくだろう。もちろんこれらの小さなチャンスは、テスト時にフルライダーが乗っていなければ見つけられない。

開発にフルライダーを起用する理由

ライダーはバイク空気抵抗全体の70〜80%となる。そのためライダーを1%でも速くできる機会があればそれを実行する。なぜなら、ライダーはバイク全体の速さに大きく影響するからだ。このSpeed Conceptは、これまでで最も速いものとなった。マニーに感謝である。

コクピット

Speed Conceptでは、従来の1本から2本にタワーを増やし、胴体周りの空流を整えるとともに、ライダーの脚の動きに伴う乱流を解消する。また、エクステンションとパッドの形状は、ライダーの腕をより効率的な空気の流れに変える。

ヘッドチューブ

ライダーの脚の間やサドルの後ろは大きな空気抵抗のエリアだ。Speed Conceptでは、新ヘッドチューブ形状と腕の間のBTAボトル形状により空気の流れを整え、脚から発生する抵抗を減らしている。

フォーク

慎重にデザインされたフォークと印象的な新しいエアロホイール技術が、ディスクブレーキの制動力を抵抗なく伝える。HEEDSにより、何千回ものシミュレーションを行って最適なフォーク形状を導き出した。

シートステー

Speed Conceptのシートステーの角度をより微調整し、エアロ性能を高めた。この『ドロップ』ステーは、トップチューブではなく低い位置でシートチューブと結合するため、空流の乱れを作る正面の投影面積が少ない。

安定した条件

小さな利益を最適化するためには、最適なプロセスと正確な風洞が重要だ。一貫性を保つため、すべてのテストで同じ航空宇宙グレードのトンネルを使用し、数週間かけSpeed Conceptを高速で完璧に磨き上げた。

安定したライダー

風洞実験には、全身フルサイズのペダリングマネキンであるマニーを使った。テストのたびに、マニーのバイク設定を横からのシルエット写真で撮影した。これによりマニーがまったく同じ場所にいる上で、性能の細かな変化を検出して最適化できた。

実世界でのテスト

プロトタイプに満足した私たちは、性別や体格の異なるさまざまなライダーに各フレームサイズをテストしてもらい、得られた利益が実際に反映されているかどうかを確認した。ウィスコンシン州ウォータールーの静かな田舎道を、ライダーたちは走りデータを集めた。

これまでにテストした中で最速のバイク

このプロジェクトの揺るぎない目標は、Speed Conceptを可能な限り速くすることであり、それを達成した。アイアンマンで6分速くなり、16ワットのエネルギーを節約できた。これまで以上に速く走れることが証明されたトライアスロンバイクで、これまでの努力をすべてぶつけてみよう。

スピードコンセプトについてさらに詳しく

製品の比較用ラック

比較を始める
日本 / 日本語
You’re looking at the 日本 / 日本語 Trek Bicycle website. Don’t worry. We’ve all taken a wrong turn before. View your country’s Trek Bicycle website here.