トルクの簡潔な説明

確かに、「トルク」という単語は専門的で、とっつきにくく聞こえるかもしれません。しかし、思っている以上に理解しやすいものなのです。そして、その仕組みを知っておくことも大切。その方がパーツの取付や調整で、きつ過ぎずゆる過ぎない、ちょうどの固定具合を知って安心できるからです。

⚠ 警告—トルクをかけ過ぎると、パーツに破損や故障が生じる恐れがあります。トルクが不足していると、パーツが緩んだり、疲労により破損したりする恐れがあります。トルクレンチを使用してパーツを適切に締め付けるか、お買い求めの販売店に持ち込み、作業を依頼しましょう。

トルクとは、スクリューやボルトの締付具合のこと。トルクレンチと呼ばれる専用工具で測定します。指定トルク値は、パーツとボルトとの適切な締付具合を実現する役に立ちます。

ボルトの締め過ぎ、あるいは締付不足を防ぐべく、用いられます。締め過ぎても一定以上の固定力は発揮されず、パーツの破損に繋がります。締付不足でも、緩んだボルトのせいでパーツが緩んだり、疲労によって破損したりするなどの問題が生じます。これらの問題を防ぐために、トルクレンチを用いて指定トルク値で締め付けます。

一般的に、指定トルク値はトレックパーツ本体に記載されています。例えば「4 Nm max」など、Nmの前にある数値を探してください (参考までに、Nmはニュートン・メーターの略)。より具体的な情報は、trekbikes.com/manualsを参照してください。あなたのバイクモデルのトルク値が記載されたマニュアルを確認できます。また、ブレーキ、バーエンド、ハンドルバー、シートポスト、ラックなどのコンポーネントの指定トルク値も記載されています。

覚えておくべき重要なトルクは40~43Nmです。これはあなたのペダルの締め付け値です。ご自身で測定できない場合は、バイクショップで適切な締め付けを行ってください。

SRAMShimanoFoxRockShoxなど、トレック製以外のコンポーネントに関しては、各社のウェブサイトで製品の仕様を確認してください。

製品の比較用ラック

比較を始める
日本 / 日本語
You’re looking at the 日本 / 日本語 Trek Bicycle website. Don’t worry. We’ve all taken a wrong turn before. View your country’s Trek Bicycle website here.