現在、ほとんどのマウンテンバイクのホイールサイズは2種類に分けられる:27.5インチ (別名650b) 、または29インチ (別名29er) だ。これまでの26インチは、ダートジャンプ、フリーライド、キッズバイクで用いられる。これらの数字は、ホイール外径を指し、通常はタイヤ幅と組み合わせてインチ単位で記される (例 29 x 2.0, 27.5 x 2.4, 29 x 2.8)。トレックは、マウンテンバイク界のレジェンド、ゲイリー・フィッシャー氏と共に約20年間ホイールサイズを研究してきた。その豊富な経験から、私たちは、各種ホイールサイズの走行特性や最適な用途を深く理解している。このガイドは、トレックが展開する各種ホイールサイズの一般的な走行感や特性を紹介し、あなたの走り方に最適なMTB選びをお手伝いする。

クロスカントリー & スマート ホイール サイズ

長年の研究から、29インチホイールがほとんどのバイクやライダーにとって最も効率的であることがわかった。しかし、ペダリング効率やシッティング時のパワー伝達は、フィットとポジションに左右されることも学んだ。トレックが、あらゆるライダーのためホイールとタイヤの豊富な組み合わせをトレイルバイク・ラインアップに用意しているのに対し、クロスカントリーバイクでは、「スマート ホイール サイズ」と呼ばれる手法を用いてその複雑さを避けている。各フレームサイズには、ライダーに最もフィットするホイールが装備され、最高の効率とパワー伝達を発揮する。17.5インチ以上のフレームには29インチホイールを、15.5インチ以下のフレームには27.5インチホイールを組み合わせる。最も速く効率的なクロスカントリー マウンテンバイクを求めるライダーは、スマート ホイール サイズを利用しよう。

トレイルバイク: 選ぶのはあなた

フルサスペンション トレイルバイクに乗るライダーの多くは、効率より走りの質を重視するため、トレックはトレイルバイクのラインナップに様々なホイールとタイヤの組み合わせを展開する。遊びやすく、細かな操作が可能な27.5インチホイールと、速さと走破性の29erのどちらを楽しみたいかをまず考えよう。27.5インチと29インチの選択肢に加え、プラスサイズタイヤの登場により、選択肢は今やさらに広がっている。プラスタイヤは2.8-3.0インチ幅で、トラクションと走破性が高く、初心者や何よりもグリップを最優先したいライダーには最適な選択肢である。

このサイズは、操作性を重視し、ジャンプしたりするようなキビキビしたバイクを求めるライダーにぴったりだ。より遊びやすく、コーナーから飛び出すような加速感が得られ、障害物を縫うように素早く操作でき、小柄なライダー、ダウンヒルレーサー、下り系ライダーに最適である。

このサイズは、速度と走破性を重視し、どんなライドもまんべんなくこなせるバイクを必要とするライダーにぴったりだ。高い安定性が自信をもたらしてくれ、太いタイヤが広い接地面積でトラクションを稼ぎ、優れた推進力で速度が落ちにくく障害物をより簡単に乗り越えられる。初心者、トレイルライド、クロスカントリーまたはエンデューロレースに最適である。

27.5+と29+のどちらを選ぼうと、これらのタイヤ幅は2.8-3.0インチと太く、トラクションと安定性を最優先にしたいライダーにぴったりだ。この特別に高いグリップと体に優しい走行感により、とにかく走りを楽しみたいライダーに最適である。タイヤの太さから、とても滑らかな走り心地が得られ、トラクションが高まり走りにも余裕が生まれ、不安定なコンディションや雪の上でさえも走れる究極の走破性を発揮する。

日本 / 日本語
You’re looking at the 日本 / 日本語 Trek Bicycle website. Don’t worry. We’ve all taken a wrong turn before. View your country’s Trek Bicycle website here.