お子さんたちと一緒にライドするには | Trek Bikes (JP)
支援サービスモジュールは、モバイル端末またはタブレットデバイスではご利用になれません。
  1. Loading...

お子さんたちと一緒にバイクに乗る方法

バイクライドより素晴らしい、唯一のものとは何かって? それは家族とのバイクライドだ。

バイクライドは、人と共有できた方がいい。

お子さんと一緒のライドは楽しく、有意義なアクティビティー。そして大切な成長過程で健康的な習慣を身につけられる、素晴らしい方法だ。しかし、他の行動と同じく、ライドにはそれ独自の難しさがある。

そこで、それらに取り組む方法を紹介しよう。お子さんがすでに自分の力で走れる場合も、まだ幼すぎる場合も、彼らが一生忘れられない思い出を作るのに知っておきたいことを以下に紹介しよう。

子どもが自分の力で乗るのに幼すぎる場合は?

お子さんが幼すぎて自分の力だけでバイクに乗れなくても、諦めてはいけない。お子さんと一緒に走る方法は、他にたくさんあるからだ。お子さんにシンプルで楽しく自由なバイクライドを早い段階で経験させれば、成長した彼らがより自然にバイクに乗るようになる。

バイク トレーラー

いくつものトレーラーブランドから、キッズを引っ張り、必要以上の積載量を誇るモデルが販売されている。トレーラーに乗せるなら、ヘルメットを含んだ頭の重さを支えられるようでなければならない。嬉しいことに、トレーラーの動きはなかなか寝ない乳幼児を寝かしつけるのに最適だ。

ペダルトレーラー

ペダルトレーラーは、パパやママのバイクに取り付けたまま、キッズにライドの動作を学ばせることができる。キッズがペダルを漕げば、2人とも前進し、漕がなければフリーホイールの惰性で進むだけ。また、路上のエチケットを教えるのにも適している。

目的地は正しく選ぼう

皆がライドの目的地を楽しみにしていると、一丸となってくれる。必ずアイスクリームショップに立ち寄らなければならないというわけではないが(できるなら立ち寄るべき)、公園や遊び場に向かうと良いだろう。

したがって、成り行きに任せることになっても動じないように。予期せぬ場所に立ち寄ると、日々のライドも冒険に変わる。お子さんが保育園や学校で苦労をしているなら、そこまでをバイクで行き来することで、不安が解消され、行きたいと思えるようになるかもしれない。

アドベンチャーに向けたパッキング

子育て一般に言えることだが、ライドでキッズに着いて来させるには、準備が物を言う。バックパックに必需品をいつくか入れておくだけで、皆がハッピーになれる。トレックのおすすめアイテム:

- 水
- クラッカー/プレッツェル
- バンドエイド
- 日焼け止め
- 着替え
- 帽子
- 携帯電話
- マルチツールとパンク修理キット
- 本(引っ張り式トレーラーの場合)

お子さんが自分の力で乗れるようになったら

では、一人ひとり別々に走る準備が整った。本物の楽しさは、ここからだ。走り出す前に、考慮すべき点がいくつかある。

家族全員で楽しむ第一歩は、お子さんが自分の力で安全に走れるようにすること。その方法はたくさんあるが、この便利なハウツーガイドには、トレックのキッズバイク専門家の知識がいっぱい詰まっている。

お子さんと走るために欠かせないギア

お子さんとの冒険をより楽しめるようにするには、上質なアイテムがあるといい。お子さんがより安全で幸せに、そして自信を持って走るのに欠かせない、トレックのおすすめギアを紹介しよう。

キッズバイク

これは明らかなことだが、大人用の小さいバイクになんとか乗ろうともがいているキッズたちは至るところにいる。キッズバイクは、お子さんたちの小柄な体やニーズに合わせて作られている。しかし、全てのキッズバイクが同じように作られているわけではない。詳しくはこちら。

キッズヘルメット

優れたバイクヘルメットは欠かせない。寿命は十分に長いが、転倒に巻き込まれたら交換しなければならない。したがって、お下がりはおすすめできない。正しくフィットするキッズヘルメットを見つけるには、最寄りのバイクショップを訪ねるのが一番だ。

ライト

自動車と同様、バイクライトも日夜を問わず、走るなら点灯するべきだ。ボントレガーの日中点灯用ライトは、自動車ドライバーに対して目立てるよう設計されている。ヘルメットと並び、全てのライダーの安全に欠かせないアクセサリーである。

あなたに贈る最後のアドバイス

まず最初に、世のパパママたちに乾杯!この文章をわざわざ読んでくれたという事実こそ、あなたが家族のために生涯忘れられない思い出を作ろうと励んでいる証拠。これはとても素晴らしいことだ。次のステップに移る前に、知っておいてもらいたいアドバイスをいくつか紹介しよう。

サイクリングのエチケットを教えよう: 基本編

渋滞や歩行者が周りにいる場合と近所をぐるぐる走り回る場合では、取るべき行動が違う。交通の流れ、まっすぐに走る、道路標識や信号、停止と発進に必要な距離など、まずは基本を押さえよう。

サイクリングのエチケットを教えよう: 応用編

お子さんが基本編を理解したら、周囲にベルで接近を知らせるタイミング、安全な追い抜き方、合図による意思表示といったさらなる知識を与えよう。お子さんがこれらの項目を理解していることがわかれば、実に安心できる。

お子さんと一緒のライドは、家族で共有できる最高の経験の1つ。その時間を楽しみ、大切にし、有意義なものにしよう。そして、次のアドバイスをしっかりと心に留めておこう。

根気強く行こう。

人間は生まれながらにしてバイクに乗ることはできず、今までと違う環境の中を走るための知識を持ち合わせていない。教えるには、忍耐力が求められる。彼らに生きる技術を教えるわけだから。時間をかけよう。

備えよう。

少し用心するだけで、何事もうまく行く場合がある。そのうち、ライド前の準備がお決まりの作業となるだろう。

今その瞬間を楽しもう。

子どもが幼いうちに一緒に過ごせる時間は限られている。時間は瞬く間に過ぎ去るもの。画面に写るお子さんを見るばかりで、その時間を無駄にしないように。後々のために写真を撮るのは良いことだが、ソーシャルメディアに投稿するのは帰宅してからにしよう。

お手本になろう。

パパとママは、お子さんたちにとってのヒーローだ。いつしか、これは変わってしまうかもしれないが、利用するなら今のうち。お子さんにさせたいことを、あなたが率先して行おう。エチケットを学び、安全なライドを心がければ、お子さんもあなたに従ってくれるはず。

製品の比較用ラック

比較を始める
日本 / 日本語
You’re looking at the 日本 / 日本語 Trek Bicycle website. Don’t worry. We’ve all taken a wrong turn before. View your country’s Trek Bicycle website here.