ワールド・バイシクル・リリーフに寄付して、バイクでコミュニティを力づけよう

ワールド・バイシクル・リリーフは、日常生活を送るために長い距離を歩かなければならない世界の農村地域の人々に、目的に合わせて作られたバッファローバイクを提供しています。2005年以来、バッファローバイクは、子供たちの通学、医療従事者や患者の移動、農家の市場への輸送などに役立っています。

資源に不足する地域が距離という難題を克服し、目標の実現に必要な道具を手に入れるために、ワールド・バイシクル・リリーフへの寄付は、いくらであっても役立ちます。そして今から12月31日までの期間に寄付を頂けると、トレックは50万ドルまでの寄付すべてと同額を寄付します。

ワールド・バイシクル・リリーフに寄付をする4つの理由

子どもたちが教育を受ける手助けになる

農村部の子どもたちにとって教育とは平等への大きな手段ですが、それを邪魔するのは距離です。バイクは、生徒の通学で直面するだろう多くの問題の克服に役立ちます。

医療施設への移動量を増やす手助けができる

2つの車輪を使い、ヘルスワーカーは命を救います。彼らはCOVID-19との闘い、マラリアの撲滅、健康と栄養の指導、多くの在宅患者の訪問などに取り組んでいます。

地域経済の活性化に貢献できる

バイクを使えば、農家や起業家は輸送する能力を高められ、より多くの収入を得て、家族やコミュニティ全体の生活の質を向上させられます。

女性と女児の生活向上に貢献できる

女性と少女への投資は、世界を変えます。バイクがあれば、教育、医療、生活へのアクセスが可能になり、貧困の連鎖を断ち切れます。

ウォザニ、村長

ウォザニは1日に10kmの距離を移動し、コミュニティ内にニュースを伝えたり、伝統的な裁判所で争いの調停を行ったりしています。自転車のおかげで、彼はリーダーとしての任務を果たし、収入を得る活動を行い、家族との絆を深める時間を確保できます。

スマイル、学生

好きな科目は数学だというスマイルは、いつか会計士になるのが夢です。自転車で移動時間が大幅に短くできたことで、授業に集中できるようになり、夢を実現するのに必要な教育を受けられるようになりました。

レヴィソン、保護レンジャー

レヴィンソンは毎朝早くから起きて、ライオンやハイエナなどの捕食者からコミュニティを守るために活動しています。彼は1日に30kmも移動しますが、自転車のおかげで短時間でより多くの距離を移動できるようになりました。

ロカディア、保育士

ロカディアは、母親として、保育士として、また女性保護グループのまとめ役として、地域社会で重要な役割を果たしています。自転車のおかげで、以前より多くの地域の人々と接することができるようになりました。

活動に参加しよう

上記で送信された情報は、トレックバイシクルカンパニーやその子会社、関連会社が収集、保存することはありません。あなたの情報は、行われた寄付を管理する目的とその他のワールド・バイシクル・リリーフのプライバシーポリシーに沿った目的のため、ワールド・バイシクル・リリーフに送信されます。

*トレックは11月7日から12月31日まで、ワールド・バイシクル・リリーフ に寄付された金額と同額を、最大50万ドルまで上乗せして寄付します。

**表示されている金額は、現地での実際のニーズと費用を表します。あなたの寄付は、ワールド・バイシクル・リリーフのプログラムを通じて、人生を変える交通手段を提供するために使われます。学生、医療従事者、起業家など、徒歩では長い距離を移動せざるを得ない人々にバイクを提供するのに、あなたからの寄付は役立ちます。この寄付はまた、ワールド・バイシクル・リリーフが活動する地域にバイクのインフラを構築することで、次の世代に役立てられていきます。

ワールド・・バイシクル・リリーフの詳細

ワールド・バイシクル・リリーフは、人々が距離という困難を乗り越え自立した生活を送れるよう、バイクを提供しています。2005年以来、ワールド・バイシクル・リリーフは60万台以上のバイクをコロンビア、ケニア、マラウィ、ザンビア、ジンバブエの人々に渡してきました。数え切れないほどの生活に力を与え、その過程で強いコミュニティを築いてきました。

日本 / 日本語
You’re looking at the 日本 / 日本語 Trek Bicycle website. Don’t worry. We’ve all taken a wrong turn before. View your country’s Trek Bicycle website here.