バイクのフィッティング

バイクが体にフィットすると(シート高、ハンドルバー高、シート角など)、ライドをもっと楽しめます。ライドが楽しめるようになると、もっと頻繁に走るようになります。これは素晴らしいことです。あなたに適したフィットを達成できないようでしたら、バイクショップに相談しましょう。お持ちのバイクの乗り味を正しく体感できるようにしてください。

走行姿勢は個人的な好みによることが多く、快適さ、効率性、バランスで構成されます。姿勢にお決まりのルールはなく、さまざまな姿勢や好みが存在します。例えば、上半身をより立たせた姿勢なら、街中での気ままなライドをより快適に行えます。レースでは、ハンドルバーに覆い被さるように上半身を倒したエアロ姿勢により、さらに速く走れます。

走り方に関わらず、快適に走れるようでなくてはなりません。久しぶりにバイクに乗る方にとって、ペダリングでの筋肉の負荷やペダル、ハンドルバー、サドルからの圧迫に慣れるまでに多少の時間を要するのが普通です。しかしその後は、痛みや痺れが生じずにライドを快適に行えるべきです。

サイジングやジオメトリーについて詳しくは、trekbikes.comの各モデルの製品ページ最下部にあるサイジング&フィットチャートをご覧ください。

ハンドルバー高

一般的に、ライダーの体重のほとんどは、サドルに掛かると良いとされます。ハンドルバー高は、シート高から上下数インチ以内にセットしましょう。低めのハンドルバー高は速さに、高めは快適さやバランスに優れています。

ハンドルバー角度

手のひらや手首の角度を変えるには、ステムの中でハンドルバーを回します。ライド中は、手が快適でなければなりません。手を無理に伸ばしたり離したりすることなく、全てのレバー類(ブレーキ、シフター、ドロッパー用リモートなど)を簡単に操作できるようにしましょう。

シート高

適切なシート高を見つける方法は2つあります。そのどちらであれ、まずは片方のペダルを6時の位置にセットします。

シューズを脱いだ場合

シューズを履いた場合

シート角

お乗りのトレックバイクは、サドルが地面と水平になるようデザインされています。水平器を進行方向にサドルに乗せ、水平を出してください。

⚠ 警告 — 不適切に調整されている、または骨盤周辺を正しく支えないサドルで長時間走行すると、神経や血管に損傷が及ぼされる恐れがあります。サドルに座って痛みや痺れが生じる場合は、位置を調整しましょう。調整後も痛みや痺れが続くようであれば、調整方法やあなたにより適したサドルへの交換について、バイクショップに相談しましょう。

サドルの前後位置の調整

シートポストまたはレールでサドルをスライドさせ、前後位置を調整します。調整すると、ハンドルバーまでの距離と体重配分が変わり、バイクのハンドリング性に影響を及ぼします。

また、腰の回転角も変わります。これにより、腰にストレスが掛かる場合があります。

足をペダルに乗せる位置

足をペダルに乗せる位置は、ペダリングの効率やパワーを左右します。母指球をペダルの軸上に乗せたまま、快適な位置を見つけましょう。

日本 / 日本語
You’re looking at the 日本 / 日本語 Trek Bicycle website. Don’t worry. We’ve all taken a wrong turn before. View your country’s Trek Bicycle website here.