A woman riding down a dirt path lined with tall grass and flowers with mountains in the distance behiind her.

適したフィットは、トレイルライドを楽しむ上で欠かせない。パンツのサイズが人それぞれであるように、フレームサイズもまた、人それぞれなのだ。自分に合ったサイズのバイクに乗れば、より快適に、しっかりと操作できるようになる。

今まではスタンドオーバー高やシートチューブ長に基づいてサイズを決めていたかもしれない。これらの長さは確かに考慮すべきなのだが、マウンテンバイクのサイズ比較でより重視したいのは、リーチと有効トップチューブ長である。各モデルの製品ページを下へスクロールすると、これらの長さを記載したジオメトリー表がある。

The silhouettes of three distant cyclists riding along a darkened ridge.

フレームサイズを最も簡単に決めるには、身長を測ればよいのだが、2つのサイズにまたいでしまうライダーは多い。1サイズ上か下のどちらを選ぶかは、好みの走り方や体格によって決まる。

リーチが長めのバイクは、ホイールベースも長い。したがって、特にハイスピードで下るときの安定性に優れている。トレイルの段差をきっかけにひょいと飛ぶより、全てを押し潰しながら走りたいライダーに適している。身長の割に胴や腕が長めなら、長いリーチの方がハンドルまでの距離に余裕が生まれ、快適に操作できるだろう。

反対に、リーチが短めならホイールベースも短い。安定性に欠けるものの、機敏でバイクを振り回しやすくなる。トレイルのあちこちで飛び回るなど、アクションライドが好きなライダーにぴったりだ。身長の割に胴や腕が短めなら、短いリーチの方がハンドルバーを快適に握れるかもしれない。

有効トップチューブ長

有効トップチューブ長は、ヘッドチューブ中心から、シートポスト中心までの水平の長さのこと。この長さは、シッティングで走行しているときのマウンテンバイクのフィット感を表す。ペダリングパワーを重視するクロスカントリーライダーに重要な数値だ。

リーチ

リーチは、ヘッドチューブ中心から、ボトムブラケット中心を通る垂直線までの水平の長さのこと。この長さは、下りなどスタンディングで走行しているときのマウンテンバイクのフィット感を表す。トレイルライダーのほとんどがスタンディングの姿勢を重視するため、異なるブランド間でバイクを比較するには、この長さに注目しよう。

トレック Size Finder

このツールはサイズ探しに役立つ。身長と股下を測る道具が必要だ。

2つのサイズに当てはまる場合は販売店に尋ねよう。

{{ $t('productCompare.rack') }}

{{ $t('productCompare.startComparison') }}
日本 / 日本語
You’re looking at the 日本 / 日本語 Trek Bicycle website. Don’t worry. We’ve all taken a wrong turn before. View your country’s Trek Bicycle website here.