e-MTBで自然を走り尽くそう - Trekバイク

遠くへ行き、攻めて走ろう。トレックのe-MTBは、自然な動作のアシストパワーで遠くに見える山頂まで息を切らさず楽に上り、下ってはまた上り返せる。トレイル向けの特長は普通のマウンテンバイクと同じ。何十年もトレイルで試し、信頼されてきたフレームやサスペンションテクノロジーが使われているためだ。

何度も上って下って、その性能を確かめよう。

e-MTBとは?

e-MTBはトレイルバイクとして遜色なく、電動アシストシステムで漕いだ力を増幅させる。急坂も楽々と上り、ロングライドがもっと身近になる。普通のマウンテンバイクと同じく、衝撃を吸収するサスペンションやタフなフレームを備え、岩や木の根もお手のもの。荒れたトレイルの頼もしい相棒になる。

e-MTBの仕組みは?

Trekのe-MTBは、ペダルアシストモーターを搭載。このシステムはペダルを漕いでいる間のみリアホイールを回し、止めるとストップ。タイトでテクニカルなシングルトラックも、自然な感覚で走り抜けられる。

e-MTBが使うのはどんな種類のモーター?

Trekのe-MTBは全て、ミッドドライブのモーターをフロントチェーンリング付近に搭載。バイクの重心が下がり、安定性にも優れている。ミッドタイプののモーターは重心をセンター付近にまとめられる。またアシストパワーの範囲がとても広いため、望んだ通りのアシストパワーを得られる。

e-MTBを好きになる理由

e-MTBは漕いだ力を増幅する。唯一呼吸が乱れるとすれば、山頂からの壮観な眺めに息をのんだときだけだろう。もっと遠くへ速く行き、急坂を楽に走り登り、仲間と笑顔をたくさん交わせるようになる。

安全でサステナブルなバッテリー

Trekのe-bikeのバッテリーは全て、第三者機関が安全性と耐久性を認証済み。次の行き先だけ気にすればいいのだ。しかも、Call2Recycleと提携し、使用済みバッテリーを安全にリサイクルして、埋立地行きを防いでいる。

より良いデザインがもたらす乗り心地

最高の走りの質は、信頼できるブランドが作るe-bike用モーターで決まる。Trekはe-bikeドライブシステムの一流ブランドと提携。安心のテクノロジーで、激しいトレイルを好きなだけ走れるのだ。

Boschの強み

1世紀以上の経験を持つBoschは、トレイルで輝く信頼性に優れたe-bike向けテクノロジーが強み。タフなライドに耐え抜くモーター、バッテリーの管理が楽な着脱式一体型バッテリー(RIB)、アシストパワーを地形や走り方に自動で合わせるスマートシステムがその一部だ。先端技術を先走るBoschは、モーターではなく目の前のトレイルに集中するのが大事だと知っているのだ。

TQが誇るテクノロジー

TQはe-bike分野では新参だが、革新的なテクノロジーでは定評がある。軽いHPR-50ドライブシステムを2022年に発表し、業界の注目を集めた。そのコンパクトなモーターは、トルク、パワー、速さを耐久性に優れたパッケージで発揮。しかも、作動しているのがわからないほど静かである。Pinkbikeで2022年イノベーション オブ ザ イヤーを受賞

世界規模のサポート体制

世界最高のe-bikeコンポーネントは、性能と同じだけサポート体制が優れている。地球上のどこを走っていようと、TQ、Bosch、そしてもちろんTrekのサポートを受けられる。

e-bikeのサポートについて詳しく見る

Rail

Railは攻めて走れる電動アシストトレイルバイク。長めのトラベルと実証済みのテクノロジーを備え、荒れたセクションも笑顔で走っていける。

アシスト速度: 時速24kmまで
航続距離: 最長6時間
バッテリー容量: 500Whまたは750Wh
トルク: 85Nm

Powerfly

Powerflyは、オフロードの世界をさらに広げる、多才でパワフルなe-MTB。

アシスト速度: 時速24kmまで
航続時間: 3から5時間
バッテリー容量: 500Whまたは625Wh

Marlin+

お求めやすい価格の軽くて多才なハードテールe-MTBです。信頼性の高いBosch製モーターは簡単に操作でき、ライドを楽しめます。

アシスト速度: 時速24kmまで
航続時間: 2〜4時間
バッテリー容量: 400Wh
トルク: 50Nm

e-bikeをお得に乗ろう

e-bikeを手頃な価格で乗りたい? 現在、一部の州や都市ではe-bikeの新規購入に対する補助金の制度があります。下の条件に当てはまるか確認しよう。

e-bike補助金プログラムについて詳しく

TrekとElectraのe-bikeの違いは?

TrekとElectraのe-bikeに搭載されるe-システムは、厳格なUL 2849規格を含む主要なe-bikeの安全規制に準拠しているのを第三者機関がテスト済み。この規格は、さまざまな産業の安全規格を策定する独立機関である米国保険業者安全試験所(Underwriters Laboratories)が設定しています。

ULの安全性とコンプライアンスについて詳しく