サイクリングジャージは透湿性の生地を用いて作られ、小径を散策し、山の頂上まで駆け上がり、トレイルを全開で下るときに快適さやパフォーマンスを高める。高品質のロングおよびショーツスリーブジャージなら、季節や地形を選ばず、より遠くまで速く走れるようになるのだ。

そこで今回は、あなたのニーズに適したジャージの選び方、サイクリングジャージがパフォーマンスを高める仕組み、そしてライドをより楽しめるようにするコツを紹介しよう。

サイクリングジャージ 101

サイクリングジャージは、走行体験をより豊かにするため、専用に設計されている。高性能な生地で作られ、ポケットやシリコングリッパーといったサイクリング専用の機能を備えているのだ。さらに、前傾姿勢で走っても肌が露出しないよう、背中側の丈を伸ばしたデザインのモデルもある。

また、走り方ごとにスタイル分けされてもいる。ロードジャージは軽量素材が使われることが多く、マウンテンバイクジャージはよりタフな素材を使い、過酷なトレイルライドに耐えられるよう作られている。どのジャージを選べばいいか、わからない? まずはあなたがしたい走り方に適したジャージを見てみよう。トレックとボントレガーは、ロードライド、トレイルライド、通勤通学など、さまざまな走り方に適したジャージを用意している。

フィットの異なるジャージを各種用意

すべてのジャージが同じように作られているわけではない。肌に吸い付くようにピタッとフィットし、空気抵抗を減らしてタイム短縮に繋げるものや、身体の動きを妨げないゆとりのあるフィットで、カジュアルな見た目やスタイルを作るものがある。トレックとボントレガーは、空力性能に優れたプロフィットから、とてもゆったりしたMTB フィットまでのあらゆるジャージを用意している。

プロが着るバイクジャージ

チームジャージは、トレックのロード、マウンテンバイク、シクロクロスのプロアスリートが着る。どのアイテムもプロレベルのスタイルを採用し、Trek-SegafredoとTrek Factory Racingが世界中のレースで着用するものと同じ高性能素材で作られている。さらに、プロフィットよりも標準体型により適した、ゆとりのあるフィットのスタイルも数多く用意されている。

あらゆる季節に合わせた厚さのジャージ

ショートスリーブのジャージを着ていても、太陽や青空の下を毎日走れるとは限らない。肌寒い朝の通勤通学や夜間のライドには、より暖かく、肌の露出を抑えるジャージが必要だ。そこで便利なのがロングスリーブジャージ。薄手の夏用のものから、保温性フリース素材を用いたもの、さらには厳冬時に向けたものまでさまざまな種類が用意されている。

寒い日のライドを暖かく、体を濡らさずに過ごすには、重ね着が欠かせない。ウールまたはウールブレンドのベースレイヤーを一番下、ロングスリーブジャージをその上に着よう。最後に気温に合わせて、ジャケットかベストを羽織ろう。

防寒用アパレルを見る

見た目が引き立たせるのはスタイルだけにあらず

サイクリングジャージを着れば、あなたらしさを表現できる。しかし、ジャージのカラー選びには、実はあなたが思う以上にメリットがあるのだ。周囲の景色と対照をなすカラーを選ぶことで、他のライダーや自動車ドライバーに対してより目立てるようになる。

明るい蛍光カラーが日中の走行に効果的なのは、ライダーを周囲の環境よりも目立たせるから。しかし、太陽が出ていないと、蛍光カラーのアパレルは暗めの色のものと同程度の効果しかない。夜間には、反射素材が被視認性を発揮する。日中は蛍光カラーを、夜間は反射素材のジャージを着るようにしよう。

詳しくはこちら

ショーツの洗い方

サイクリングジャージを洗うには、着古したTシャツを洗うよりも丁寧に。次の簡単な手順に従えば、ジャージの状態をいつまでも保てるはずだ。ジャージを洗濯機に入れたら、冷水の手洗いモードで洗濯しよう。必ず吊り干ししてジャージの寿命をできるだけ伸ばし、ライド後は必ず洗うようにしよう。

トレックアパレルの強み

30日満足保証

トレックとボントレガーのジャージには、すべて30日満足保証が付帯する。どのような理由であれ、購入したてのジャージに満足できない場合は購入後30日以内なら交換が可能だ。交換する際は、購入時のレシートか領収書を販売店までご持参いただきたい。これは30日間、試乗ができるようなもの。

詳しくはこちら

持続可能なリサイクル素材を使用

トレックのジャージは、ペットボトルをリサイクルした素材を含む生地から作られる。モデルにもよるが、ジャージ1着あたり、13〜28本のペットボトル(一般的な500mlのもの)をリサイクルしたことになる。SS22のジャージラインは、190万本のペットボトルが埋立地行きとなるのを防ぐのだ。

肌触りが良く、環境に配慮した生地

トレックは製品の品質と性能にとても厳格な基準を設け、全てのサイクリングアパレルはこれを満たして作られている。その上で、快適な着心地も持ち合わせているのだ。トレックのジャージは織り目の細かい布から作られ、持続可能な生地を使い、あなたと地球への愛でできている。

これでジャージ選びは終わり。では、その次は?

パッド付きショーツ、サイクリンググローブ、着圧ソックス、ヘッドウェアも揃え、さらに快適なライドを楽しもう。

{{ $t('productCompare.rack') }}

{{ $t('productCompare.startComparison') }}
日本 / 日本語
You’re looking at the 日本 / 日本語 Trek Bicycle website. Don’t worry. We’ve all taken a wrong turn before. View your country’s Trek Bicycle website here.