Boat workers, clad in full weather-proof protective suits, pull up a fishing net onto a boat.

製品に対する新たな視点が、よりきれいに水を運べる方法を生んだ。

1997年、ボントレガーは成型プラスチック製のシンプルなウォーターボトルケージをデザインした。以来21年に渡り、ウォータールー本社から30マイル離れたウィスコンシン州オコノモウォックで数十万個を製造してきた。Bat Cageはボントレガーの中で、形を発売以来変えない長寿製品となり、また最も多く販売された製品の一つとなった。シンプル、軽量、丈夫、便利、安価。Bat Cageは良いところばかり。もはや完璧な製品のように思えた。しかし、改良の余地のあるものが、その内側に秘められていた。海洋プラスチックごみの削減に務める一連の会社で構成されたNextWaveの企業連合に加入したことで、Bureoと出会った。ここでは、世界各地の海を汚す数十万トンもの投棄された漁網に、何とか新たな使い道を見出そうとする人々が働いている。

ボトルケージに秘められた効果とは?

Bureoは、集めた漁網を粉砕して細かいビーズ状にし、Bat Cageのような射出成型のプラスチック製品に利用している。しかし、実際のところ、これはただのウォーターボトルケージ。ボトルケージに秘められた効果とは? 実は海の環境改善に、少ないながらも貢献している。Bat Cageは1年間だけで、海に捨てられた漁網約4,000平方メートルをリサイクルした。そしてこれは始まりに過ぎない。1種類のウォーターボトルケージが海に投棄された3,850ポンドもの漁網を毎年リサイクルできるのであれば、プラスチックの利用を改めて見直した時、相当の効果を生み出せるのではないだろうか?

{{ $t('productCompare.rack') }}

{{ $t('productCompare.startComparison') }}
日本 / 日本語
You’re looking at the 日本 / 日本語 Trek Bicycle website. Don’t worry. We’ve all taken a wrong turn before. View your country’s Trek Bicycle website here.