1. Loading...

e-bikeに安全に乗る方法

e-bikeでのライドや通勤は素晴らしい。より少ない労力で多くの荷物を運び、普通のバイクより速く走ることができ、渋滞や駐車場といった問題も気にしなくて良いのだ。しかも、全て外で運動していることになる。普通のバイクのように、e-bikeで安全にライドや通勤する方法を知っておけば、ライドがより楽しくやりがいのあるものになる。

e-bikeで安全に走るためのコツ

1. 最初はゆっくりと-すぐに最大アシストで走る前に、最初は弱めのモードで感覚を掴むことをおすすめです。また、新しいe-bikeの扱いに慣れるまでは、広くて誰もいない駐車場や自動車が入ってこない道路で乗ってみることもおすすめです。

2. 早めのブレーキングを心がけましょう-e-bikeがパワフルで、速く、重いのは、普通のバイクよりも早めに減速を開始しなければらならないということ。

3. ブレーキは軽めに、そして一定の強さで掛けていきましょう-e-bikeは基本的にディスクブレーキを搭載するものがほとんどで、あらゆる状況での制動力に優れています。新しいバイクとブレーキにまだ慣れきっていない時には、ブレーキレバーを優しく徐々に握り、力を左右均等に掛けましょう。

4. いつもより周囲に気をつけよう-e-bikeは普通のバイクと見た目がそっくりなため、周囲の人は、あなたがその高いアシスト速度で走ってくるとは思わないかもしれません。つまり、いつも以上に周囲に気をつけながら走る必要があります。

5. 道交法を守りましょう-手に入れたばかりのe-bikeでは、新たな自由や楽しみを感じられるでしょう。しかし、道路やトレイルを走る際は、お住いの地域の道路交通法を守らなくてはなりません。e-bikeには愛すべき特徴が多いため、ぜひともその楽しさを周りに知ってもらいたいところです。特にe-bikeに乗るなら、向こう見ずな走りはしないようにしましょう。

最後に、バイクに乗る際は走行速度に関わらず、適切にフィットする高品質のヘルメットを必ず被りましょう。

ルートを知ろう

e-bikeを通勤に使う場合の数あるメリットのうちの1つは、より安全な遠回りのルート(あるいは景色の良いルート)を選びつつも、時間通りに到着できること。ルートを前もって決めておき、週末や休日に実際に走ってみて、所要時間やそのルートの好き嫌いを確かめておくと良い。

オンラインの地図サービスを使ってルートを調べ、ターンバイターンナビゲーションを使いたくなった場合に備え、携帯電話やGPS用のハンドルバーマウントの入手も検討しよう。プロのコツ: ルートに困ったら、最寄りのバイクショップに相談しよう!

e-bikeのバッテリーを最も効果的に使おう

1度の充電で走れる距離は、バッテリー、モーター、使用するモードで異なる。風、天気、気温、地形といった要素でも大きく異なるが、これらを変えることはできない!そこで、走行距離を最大限に延ばすポイントをいくつか紹介しよう:

快適なケイデンスで走る
脚の回転が遅くなればなるほど、モーターへの負荷が高まる。変速して、脚やモーターの回転が速すぎない程度のケイデンスで走ろう。

荷物は少なめに
e-bikeのメリットの1つは、多くの荷物を運べること。反面、荷物が増えるほど、モーターへの負荷が高まってしまう。そこで、荷物の重さに注意することが大切だ。

アシストレベルの低いモードで走ろう
アシストレベルが高いほど、走行距離は短くなる。坂を登る場合は高いモードにセットし、平坦な道を走る場合は低いモードに切り替えよう。

このビデオを見て、バッテリーを効果的に使うコツを学び、Bosch レンジファインダーツールを使って、お乗りのe-bikeの走行距離を計算してみよう。

周囲に知らせてより安全に

いつどこで走ろうと、自動車ドライバー(と他のサイクリストや歩行者)には、ライダーが必ずしも見えている訳ではない。これは特に、注意散漫になりがちな通勤時間帯に起こりやすい。だが幸いにも、あなた自身の存在を周囲に確実に視認させる手段がいくつか存在する。

ライトを常に点灯させよう
日中は、遠く離れていても視認しやすい特殊な点滅パターンを備えた日中用ライトを、前後で点灯させよう。夜間は、前後のライトを点滅させつつ、明るいフロントライトを追加して進行方向を照らそう。

高視認性アパレルを着よう
蛍光カラーのアパレルは視線を集め、日中の被視認性を高める役に立つ。全身黒づくめでは、絶対に走らないように!

反射性アパレルを着よう
反射性アクセントの付いたアパレルは、夜間など暗い環境で周囲に視認されるために欠かせない。

ベルを付けよう
ハンドルバーに付けたベルを鳴らすことで、特に追い越し時にあなたの存在を歩行者や他のサイクリストに知らせることができる。

詳しくはこちら

ライドに向けたパッキング方法を知っておこう

知っておくべきなのは、備えあれば憂なしということ。毎回のライドに持っていくべきものや、賢く駐輪する方法も紹介する。

手短にまとめたリストがこちら:

1) 前後のライト - 日中でも、ライトは常に点灯させよう!
2) パンク修理キット
3) 飲み物と補給食
4) 暖かいウエアおよびまたは雨具
5) 携帯電話と現金

e-bikeの場合、道路やトレイルに出かける前に、バッテリーがしっかり充電されていることも確認しよう。初めてのルートをどれだけ走るかわからなければ、充電器も持っていくと良い。そしてもちろん、高品質のヘルメットを必ず被ろう。

e-bikeを正しくカギをかけて保管しよう

普通のバイクと同じく、e-bikeを好きな場所に駐輪できるのは素晴らしいが、その場合は安全な場所を選び、しっかりと防犯しよう。

防犯性の高いカギを買おう
e-bikeにカギが最初から搭載されていても、カギをさらに追加して、せっかく買ったバイクが盗難に遭わないようにしよう。泥棒が切断しにくい高品質のカギを選ぼう。バイクを固定された柱など、絶対に動かないものに施錠し、ケーブルロックでホイールやクイックリリース式パーツ(サドルなど)を守ろう。

駐輪場所にご用心
どんなバイクであれ、正しく施錠されていたとしても標的になり得る。これは特に、夜通しで駐輪する際に注意したい。イタズラや盗難は、深夜に発生しがちだからだ。お乗りのe-bikeは、他のバイクも駐輪されている、明るく照らされた場所に駐輪しよう。

バッテリーは屋内に持ち込もう
バッテリーをフレームから簡単に取り外せるのなら、屋内に持ち込んだ方が安心だ。短時間の買い物であれば、取り付けたままでも大丈夫かもしれないが、仕事中など、バイクを数時間以上駐輪する場合は、屋内に持ち込もう。

最後に、お乗りの自動車にバイクラックを取り付けているなら、ラックとヒッチとの接続部にもカギをかけ忘れないように。バイクをラックに施錠したところで、ラックごと盗まれてしまっては元も子もないからである。

カギを探す

e-bikeのパーツとアクセサリー

e-bike用カギ

多くのe-bikeはカギを内蔵し、買い物や食事など、職場以外に駐輪している間、盗難を防ぐ。また、さらなる盗難防止対策として、カギがもう1つあると良い。

カギを探す

e-bike用ライト

多くのe-bikeは、ライトを内蔵する。最高なのは、バッテリーで点灯するため、いつでも使えること!これにより、e-bikeでのライドはより安全になる。

e-bike用ホイールとタイヤ

e-bikeのホイールは、普通のバイクのホイールより丈夫に設計と製造がされている。モーターから発生するトルクや力に耐えなければならないからだ。e-bikeは重いため、高品質のタイヤとチューブを用いて、パンクの恐れを減らすことが大切である。

タイヤを見る

e-bike用バッテリー充電器

e-bikeの充電器は、ノートパソコン用のそれと同じ。壁のコンセントに挿すだけである。中には、バイクに付けたままでも外しても充電できる便利なバッテリーを備えたモデルまで存在する。

通勤用ギア

トレックのe-bikeに今日乗ってみよう

製品の比較用ラック

比較を始める
日本 / 日本語
You’re looking at the 日本 / 日本語 Trek Bicycle website. Don’t worry. We’ve all taken a wrong turn before. View your country’s Trek Bicycle website here.