Two riders sitting on the ground looking at a map with their bikes in front of them.

マウンテンバイクと呼ぶが、だからと言って実際の山がないと楽しめないわけではない。マウンテンバイクのトレイルは、街中や思わぬところなど、至るところに存在している。

ウェット対ドライのトレイル

泥々のトレイルを走るのは楽しく聞こえるかもしれないが、バイクには厳しく、トレイルを著しく傷つけてしまう恐れがある。だからこそ、地元のトレイルシステムの表向きと裏向きのルールを理解しておきたい。太平洋岸北西部やイギリスなどの地域の土壌は、水はけがよく、形状を保つローム質だ。岩の多い地域もまた、水分に強い。

しかし、ほとんどの地域の土は、濡れると泥になってしまう。雨で濡れたトレイルを走ると、浸食を促進させ、スムーズなシングルトラックに轍をたくさん作ってしまう。これらの轍が乾くと、修繕するのは大変だ。ウェットなトレイルを走って路面を損傷させるのは、仲間のライダーや、あなたのお気に入りのトレイルの維持管理をするビルダーに対して好ましくない。だからこそ多くの地域では、雨の後はライドを控えるようにしているのだ。

雨の後にトレイルを走ってよいかどうかがわからなければ、最寄りのIMBA支部などの地元マウンテンバイクグループに尋ねてみよう。これらのグループは、トレイルの維持管理の責任を負い、地元トレイルネットワークに関することを喜んで教えてくれるだろう。

マウンテンバイクのトレイルマナー

仲間と走るときであろうと単独であろうと、安全に過ごし、自然破壊を避けるためにも、マウンテンバイクのトレイルマナーを理解することが重要だ。International Mountain Biking Association、通称IMBAのトレイルルールは、世界各地で用いられ、責任ある走行を奨励している。

IMBAのトレイルルールを読む

走れる場所は?

新しいトレイルの発見は、マウンテンバイクの楽しみの一つ。近所でトレイルを見つけ、トレイルのコンディションについての最新情報を知る方法はいくつかある。

Trailforks

Trailforksは、各地のトレイル情報を一箇所に大量に集めた人気のトレイルデータベース。道案内を利用し、マップをGPSにダウンロードし、他のライダーが撮った写真やビデオを見て、トレイルのコンディションに関する最新情報を手に入れよう。

詳しくはこちら

MTB Project

MTB Projectも、お住いの地域のトレイルを詳しく知るのに適したガイド。人気のルートを知り、他のライダーのレビューを読み、詳細なマップをダウンロードし、さらにはアプリのナビゲーションも利用しよう。

詳しくはこちら

MTB コミュニティーと関わるには?

多くの人にとって、マウンテンバイクライドはただのライドではない。お住いのコミュニティーのライダーとより深く関わる方法を知り、このスポーツに貢献するための方法を調べてみよう。

IMBA

International Mountain Bicycling Associationは、マウンテンバイクに乗るための素晴らしいフィールドを作り、広げ、守っている。彼らの努力により、近所のトレイルから有名なバックカントリールートまでの素晴らしいトレイルに誰もがアクセスできるのだ。

PeopleForBikes

PeopleForBikesは、あらゆるライドをより安全に、より手軽に、より楽しくすることに焦点を当てた、業界連合であり慈善財団だ。

A mountain biker turns a corner on a narrow path lined with tall grass and flowers with trees and mountains in the distance.
The lit storefront of a Trek bike shop at dusk.
日本 / 日本語
You’re looking at the 日本 / 日本語 Trek Bicycle website. Don’t worry. We’ve all taken a wrong turn before. View your country’s Trek Bicycle website here.