1. Loading...

最新の研究から、WaveCelは従来のフォームヘルメットより、サイクリング中に生じる頭部損傷の予防に、最大で48倍も効果的であることが実証された。*

WaveCelは潰れるセル素材で、サイクリングの事故で生じる脳障害を防ぐことができる。素材の構造を3段階に変化させ、衝撃エネルギーが頭部に達する前に吸収する。

このボントレガー独自の素材は、サイクリングの転倒で生じやすい頭部の損傷を減らすため、生体力学エンジニアと整形外科医の協同で生み出したもの。アメリカ国立衛生研究所から開発資金を交付された、高度なヘルメットテクノロジーである。

研究の全文を読み、WaveCelと、サイクリングの事故で生じる頭部の損傷を効果的に予防する仕組みについて学ぼう。WaveCelで安全なライドを。

研究を読む

*斜角衝突テストにおける革新的なバイクヘルメット概念、自己分析及びその予防 123 (2019) 58-65を参照のこと www.trekbikes.com/what-is-wavecel。従来のEPS フォームヘルメットおよびそれにWaveCel インサートを搭載させたものを着用した頭頚部模型に、回転加速度(斜め45度から秒速6.2mで)を与えた際の衝撃減少結果に基づく。実際の事故における損傷の発生率は、衝突の性質や個人の健康状態など、さまざまな要素により左右される。
** サイクリング中は常にヘルメットを被ることを推奨する。サイクリングでのあらゆる事故において、脳障害を含む怪我を完全に防げるヘルメットはない。インサートが付いたヘルメットの中には、EPS ヘルメットと似た特性を持つものがある。

Michael Bottlang, PhD

マイケル・ボトラン博士は、オレゴン州ポートランドにあるレガシー・バイオメカニクス研究所の創設者だ。彼は2002年以来、アメリカ国立衛生研究所とアメリカ国防総省から研究費を毎年獲得している。彼の考案したものは、アメリカ陸軍や欧米の医療専門機関に選ばれており、現在の世界中の医療に大きな影響を与えている。

スティーブン・メイディー博士

スティーブン・メイディー博士は、前肢および微小血管の手術を専門にする、数々の受賞歴を誇る整形外科医。彼は2017年に、高額な費用をかけずに、筋肉や骨格の怪我を治療できる緊急診療クリニックを設立した。メイディー博士とボトラン博士は25年に渡って共同研究を行い、骨折治療、胸部や骨盤の外傷、頭部損傷の予防を進歩させてきた立役者だ。

製品の比較用ラック

比較を始める
日本 / 日本語
You’re looking at the 日本 / 日本語 Trek Bicycle website. Don’t worry. We’ve all taken a wrong turn before. View your country’s Trek Bicycle website here.