科学で「快適」を追究する

快適性とパフォーマンスは密接な関係にある。手足のしびれやサドルからの圧力によって、バイクの操作やペダリングがしづらくなる。簡単に言えば、走ることが楽しくなくなるのだ。inForm BioDynamicsは、より快適で正しいポジションを得られることを目的とした、幅広い分野での最先端バイオメカニクス研究に基づくボントレガーコンポーネントとアクセサリーの上級シリーズである。

タッチポイント(接触点)とは、ライダーの体が触れる部位のこと。運動エネルギーは、これらのタッチポイントからバイクに伝わっていくため、効率を失わせてはならない。一方で、路面の段差や障害物からの衝撃を体に伝える部位でもあるので、振動を吸収する性質も必要となる。

inForm BioDynamicsは、細かな配慮や試験を基に開発された性能により、サイクリングをより充実させたいライダー全員に提供できるのだ。

inForm BioDynamics

このinForm BioDynamic ロゴには意味がある。これはサイクリストが走行中に必ず触れている3つの重要な部位を表している。足、手、サドルというタッチポイントを快適に保つことは、ライド中の快適性とパフォーマンス維持のために必要不可欠である。

さまざまな視点からの製品開発

サイクリストの数や指向は、毎年多様化している。ボントレガーの目標は、体形や経験に関わらず、より楽しい経験をすべてのサイクリストに提供することである。私たちが、「プロアスリートが使用している製品がベストである」と言わないのはそういう理由からだ。多種多様な製品サンプルは、その製品が大多数のサイクリストにどのような効果を与えるかを学ぶのに必須である。様々なタイプのライダーの協力を得て行う製品テストは、包括的かつ徹底的である。そして、その結果が製品に落とし込まれるのだ。

データによる裏付け

inForm BioDynamics ラインの全製品は、質の解析や社内のバイオメカニクス・エンジニアにより観察され、テストされ、さらには、先端スポーツ科学技術も用いた幅広い範囲のテストを受けることになる。

私たちのモーションキャプチャカメラは、ライダーの重要なタッチポイントが、バイクとどのように触れ合っているかを精確に映し出す。このカメラは秒間60コマを撮影でき、裸眼では確認することのできない貴重な情報を与えてくれるのだ。この精密なカメラは、製品がいかにしてライダーに触れ、バイクを走らせているときにどのような影響を与えるのかという複雑な状況を解析する。

あらゆるサドルやシャモアは圧力マッピングを考慮して設計される。圧力マッピングはライダーとサドルが触れ合う場所を図面化したもの。簡単に聞こえるが究極の解析ツールである。このデータは、痛みを伴う圧力点の特定や、推奨される走行姿勢でライダーを座らせるのに極めて重要なのだ。

適材適所

ボントレガーは絶え間ない実験を繰り返し、大量のデータや、生体力学、サイクリングのパフォーマンス、そしてそれらの相互作用に関する社内知識を増やし続けてきた。inForm BioDynamicsは、研究室、会議、そしてもちろんバイクの上での数えきれない時間を費やした努力の結果なのだ。

inForm BioDynamicsの開発では、最高の素材を決定し、それを人体の自然な動きに沿って作用するために10年以上もの月日を費やしてきた。そしてその時間は全て、ライドをさらに快適にするため、振動や衝撃の吸収を最高レベルにする目的のためである。inForm BioDynamic 製品全ラインアップについて、詳しく知ろう:

ボントレガー30日満足保証

どのような理由であれ、ボントレガー inForm製品にご満足いただけない場合は、購入から30日以内ですと交換またはご返品いただけます。その際は、購入を証明できるレシートか領収書を必ず購入店までお持ちください。この保証は、ボントレガー inForm 製品すべてが対象です。

あなた自らがテスト対象となろう

Trek Precision Fitは、特定のトレック販売店で受けられる、バイクにフィットした姿勢を分析するサービスだ。高いパフォーマンスを目指すライダーはこれを受けることで、自分の体に最適なinForm 製品やバイクのポジションを知ることができる。 すべてのinForm 製品は、購入時点ですでに快適性能を発揮できるが、Precision Fitと組み合わせることで、より確かなフィットを実現し、より適合した製品を選択するサポートとなる。最寄りのTrek Precision Fit 取扱店を探そう。

{{ $t('productCompare.rack') }}

{{ $t('productCompare.startComparison') }}
日本 / 日本語
You’re looking at the 日本 / 日本語 Trek Bicycle website. Don’t worry. We’ve all taken a wrong turn before. View your country’s Trek Bicycle website here.