1. Loading...

統計によるとサイクリストは、自分が車道で他の車両から認識されていると誤解している確率が高いことを示している。つまり私たちサイクリスト自らが、その存在を目立たせるよう何かを行わなければ、私たちは見られていないのも同然だ。これは警告とも言える現実である。しかし、そんな状況の中でも自分がいることを目立たせられる簡単な手段がある。次に述べるガイドラインは、クレムゾン大学で認知科学を専門とする研究員たちによる調査結果を基に製作されたものである。認知されるためのABCとは、Always on(常に点灯を)、Biomotion(体の動き)、Contrast(背景との対比)であり、ここではその応用編としてGood、Better、Bestにて紹介している。デイライトを使うのは、視認されるのに有効だ。ライトに加え、体の動く部位を目立たせることと、周囲との明暗差を生む機材の選択を同時に行うのが最もよい。走るたびに認知されるためのABCを実行するほど、周囲より目立つことになる。

Always on
昼でも夜でも、前後にライトを

自転車業界は、自動車産業から優れたアイデアをいくつも取り入れてきた。サスペンションやディスクブレーキなどは、自動車とモーターサイクルのおかげである。最近の自動車が日中点灯用ライトを標準装備するのは、それを搭載した自動車が衝突事故に遭いにくいからだ。この論理をバイクにも適用するのは、当然のこと。

しかし、すべてのライトは同じように作られていない。明るい輝度を謳うライトでさえ、日中での使用が不向きなこともある。真のデイライトなら、集中照射、点滅パターン、照射範囲のモードを備えている。これら3つが揃っていないのは、ただのライドだ。

Biomotion
体の動くパーツを目立たせよう

脳はそれ自体を守る方法を知っており、体のフォームを少し見ただけで、その動きを認識できる能力を持っている。つまり、私たちは人の認識に優れているのだ。これはわざわざ教わるものではなく、「体の動きに対する感度」と呼ばれる本能的な知覚現象なのである。

ペダリング時の独特な上下の動きが、あなたを人間であると認識させる動作だ。夜間では、反射素材を採用した製品を足先、足首、脚に着用し、目立たせよう。日中には、蛍光カラーのソックス、シューズ、カバー、ウォーマーを着用しよう。

Contrast
日中と夜間に適したギアを選ぼう

被視認性は、コントラストすなわち背景との対比に依存する。蛍光カラーが日中を走るサイクリストに効果的なのは、それがライダーを周囲の環境よりも目立たせるからである。しかし太陽が出ていないと、蛍光カラーのアパレルは、暗めの色のものと同程度の効果しかない。暗闇では何も見えない。こんな簡単なことを私たちに気づかせるのに、高度な訓練を受けた視覚の専門家集団が必要となるのは驚くべきことだった。アパレルに関して言えば、蛍光カラーは日中に有効だ。夜間では、反射素材だけが被視認性を発揮する。