eBikeがあなたを変える | Trek Bikes (JP)
  1. Loading...

最先端のコミュートスタイル

電動アシスト自転車と聞いて、重いモーターとバッテリーを載せた自転車を想像しているとしたら、トレックのプレミアムeBike、Verve+を見て驚くはず。

満員電車よりも快適、原付よりもスマート、自動車よりも健康的なeBikeなら、職場に向かうのが今より楽しくなります。置き忘れた通勤定期を取りに戻ったり、駐車場に悩む必要もありません。朝からストレスを感じず、汗をかきたくないあなたのための次世代アーバンコミューターがトレックのプレミアムeBike、Verve+です。

従来の電動アシスト自転車との違い

日本で電動アシスト自転車といえば、子供乗せに代表される、一般的に”ママチャリ”と呼ばれる軽快車。トレックのプレミアムeBikeは、従来の電動アシスト自転車とはまったく異なります。まずはバッテリーの設置場所の違いを見てみましょう。

一般的な電動アシスト自転車

サドルから下向きに伸びるシートチューブと後輪の間にバッテリーを設置してしまうと、車体の全長が伸びてしまい、スポーティな軽快性が失われます。

プレミアムeBike

トレックのVerve+は、ハンドルから伸びるダウンチューブにバッテリーを設置することで、通常のスポーツバイクとまったく同じフレーム設計を実現、スポーティでありながら安定したライド体験を提供します。

アシスト方式の違い

足で漕いだ力をセンサーで感知して、適切な量のアシストを加えるのが電動アシスト自転車ですが、その構造にも大きな違いがあります。

一般的な電動アシスト自転車

足で漕いだ力は、クランクを通じてチェーンに伝達されますが、電動アシストの力はもうひとつの歯車を通じてチェーンに伝達されます。停止と発進の多い街中での走行に適しています。

プレミアムeBike

トレックのVerve+は、足で漕いだ力と電動アシストの力が共にクランク軸にかかるため、スポーツ自転車特有の高い速度域や、速いペダリングでも自然にアシストを行うことができます。

Verve+の特長

パワーアシスト

ヨーロッパ最大の電動アシストユニットブランド、独ボッシュ社のユニットActive Line Plusシステムが日本初上陸。ペダルに1の力をかければ、最大2のアシストパワーを加えて、合計3の力で走ることができます。常に追い風で走っていると錯覚させてくれます。

どこまでも走ろう

バッテリー充電時間はわずか2.5時間、1時間で50%充電できます。フル充電での航続距離は約100km。片道10kmの通勤でも月曜日から金曜日までアシストし続けます。

ディスプレイ

ハンドルバーに設置される直感的なディスプレイには、スピード、走行距離、バッテリー残量、航続可能距離など、すべての情報が表示されます。また、前後ライトのコントロールも。

42mmのタイヤ

一般的なクロスバイクは28mm~35mmのタイヤを搭載していますが、Verve+は42mmのタイヤで確実に路面をグリップし、段差を乗り越えます。

油圧ディスクブレーキ

通勤途中で突然の雨に降られても、油圧ディスクブレーキなら制動力は損なわれません。長い下り坂でも軽い力で減速することができます。

充電不要の前後ライト

フロントに400ルーメン、リアに25ルーメンの高照度LEDライトをフレームに内蔵。バイク本体のバッテリーから給電されるため電池残量を気にする必要はなく、常に安全に走れます。

軽量アルミフレーム素材

クロスバイクの定番モデル”FX”などに使われるアルファゴールドアルミニウムを採用。優れたフレーム素材は軽量で、推進力を逃さず、路面からの振動を吸収します。

価格:213,000円(税抜)
航続距離:約100km
重量:20.5kg(18.5インチ)
サイズ:16.5、18.5
フレーム:Alpha Gold Aluminum
タイヤ:Bontrager H5 Hardcase Ultimate 700x42c w/reflective strip
ドライブトレイン:Shimano Alivio 9段変速
サドル:Bontrager H1
ハンドルバー:Bontrager Approved alloy, 31.8mm
ブレーキ:シマノ M315 油圧ディスクブレーキ
モーター:Bosch Active Line Plus
バッテリー:Bosch Powerpack Performance, 300wH
コントローラー:Bosch Intuvia Performance

製品の比較用ラック

比較を始める
日本 / 日本語
You’re looking at the 日本 / 日本語 Trek Bicycle website. Don’t worry. We’ve all taken a wrong turn before. View your country’s Trek Bicycle website here.