1. Loading...

私たちの多くは、過酷で荒れ果てた土地にどうしても引きつけられてしまう。ライドをしていない時は、計画を立てる。地形図を眺め、ルートを探し、スリルを肌で感じられるはるか遠くの地を夢見て夜を過ごす。

しかし、フォトグラファーのダン・ミルナーとBike Magazine 編集者のウィル・リッチーが、トレックのトラビス・ブラウンと共にアルゼンチンのトリップでFull Stacheに乗って気づいたように、そのようなアドベンチャーにはバランスがある。遠すぎる場所など存在し、そしてそこに行き着いたと、どのようにわかるのだろうか?

トレイル-果たしてそう呼べるのか?-は、まばらだったかもしれないが、インカ帝国ができる前の旅行者が通った歴史的に名高い道はあった。クルーは、チリの海とジャングルからアルゼンチンのアタカマ高原までをつなぐ古代の貿易ルートを通り、有害な植物すらある過酷な高山地帯に直面。

彼らはこの旅で、果てしない景色に圧倒されただけでなく、正しく旅することの大切さを理解することに。写真だけを撮り、その他一切の痕跡を残さなかったが、道中で見た景色や出会った人々が、彼らにいつまでも消えない影響を与えることとなった。

わかったのは、Full Stacheがこの冒険にぴったりだったこと。事実、このバイクでしかできない旅だったのかもしれない。

おそらく何でも知っているガイドが選んだ、自然に戻りつつある道と区別がつかず、道標もないトレイルでの旅や、極端と言える冒険でのライドで経験した試練や成功について詳しく読もう。

bikemag.comでストーリーの完全版を読もう

Full Stache: 生まれながらの探検家

Full Stacheは、タフなバックカントリーライドを存分に楽しめる29+ フルサスペンションバイク。29+ プラットフォームの高いトラクションや安定性を生み出し、踏みならされていないトレイルを攻められるセットアップをサスペンションに施した。ずっと計画していたワイルドな冒険に、相棒が欲しいなら、このバイクがそれだ。

29+ タイヤ

荒れた路面で高い安定性とトラクションを発揮し、地面に吸い付く29x3インチのミッドファットタイヤ。

130mm トラベル

踏みならされていないトレイルの障害物も乗り越えていける、トレイルバイクと同じトラベル量を備えた初の29+ フルサスペンションバイク。

コンパクトなサスペンションレイアウト

メインピボットとロッカーリンクをシートチューブ前方に搭載、太くて大きな29+ タイヤもコンパクトなパッケージに余裕で収まる。

とても短いチェーンステー

ドライブトレイン側のエレベーテッドデザインにより、430mmの短いチェーンステーを実現、驚くほど機敏な走りが可能に。

Straight Shot ダウンチューブ

Straight Shot ダウンチューブが剛性を向上、Full Stacheはトレイルを落ち着いて安心しながら走ることができる。

Knock Block フレーム防護

一体型フレームプロテクションは、切れ込みすぎたバーがトップチューブに、フォーククラウンがダウンチューブに接触するのを防ぐ。

製品の比較用ラック

比較を始める
日本 / 日本語
You’re looking at the 日本 / 日本語 Trek Bicycle website. Don’t worry. We’ve all taken a wrong turn before. View your country’s Trek Bicycle website here.