1. Loading...

冒険は人生の糧となる。あなたならCheckpointをどう使う?

Checkpointは、荒れた路面を数日間も走っていく大冒険のためのグラベルバイク。軽くて速く、過酷な道路に耐えるパーツを搭載。ディスクブレーキ、さまざまなタイヤに余裕で対応するクリアランス、快適ながらキビキビとした走りを生むジオメトリーを採用し、用途に合わせてカスタムすることで、このバイクはグラベルレースから冬の探検までをこなせるのだ。

どんな冒険にもこれ1台

Checkpointは、路面との一体感が高いスムーズな舗装路に興味がないライダーに向けたバイク。グラベルライドが人気なのは、展開が読めないから。天候や路面は予測不可能、嫌というほどの距離を走る日だってある。

二つとして同じ冒険はない。そのため、Checkpointはベテランのグラベルライダーのように、どんな冒険にも準備ができている。ジオメトリーやタイヤサイズ、さらには水や荷物の積載能力からして、このバイクはビアガーデンへの散歩から、他人の助けを得られない奥地でのステージレースまで、あらゆるライドに対処できる。

ラックやボトルマウント: 何を載せてもよし、何も載せなくてもよし。

長距離のグラベルライドでは、通常サイズのシートパックやFlare R テールライトだけだと心許ないが、だからと言って、多くのラックやケージで重くなりすぎて近場でのトレイルライドを台無しにしてよいわけではない。

Checkpointにはラックやボトルマウントが散りばめられ、どれを使うかはあなた次第。最高3本のボトルをフロントトライアングルに、バッグをフロントやリアの低い位置または高い位置に取り付けられる。上のギャラリーをスクロールして、組み合わせの例をいくつか見てみよう。

ギアの枚数: シングルスピードか、幅広いギア比か?

Checkpointは、Stanglehold ドロップアウトを採用する。これはホイールベースを最長で15mm変更でき、ギアードからシングルスピードへと簡単に換えられるスライド式システムだ。

タイヤ: スムースな細めか、ノブありの太めか?

グラベルライダーは、タイヤを冒険に合わせてさまざまな太さやトレッドから選べるので助かるだろう。舗装路を砂利道で繋いで走りたい? それなら転がり抵抗の少ない28cのスリックを履こう。ダートだけのツーリングに出かけたい? それなら40cのオフロードタイヤで振動吸収性とトラクションを稼ごう。

製品の比較用ラック

比較を始める
日本 / 日本語
You’re looking at the 日本 / 日本語 Trek Bicycle website. Don’t worry. We’ve all taken a wrong turn before. View your country’s Trek Bicycle website here.