1. Loading...

慎ましい幕開け

1975年の冬、2人の男が、ウィスコンシンにあるPine Knollという名のサパークラブ内の薄暗いバーで落ち合った。ディック・バークとべビル・ホッグのトレック創始者たちは、友達やパートナーと酒を飲みながらその日の出来事について話し合い、将来の計画を立て、さまざまなアイデアについて議論するという、ウィスコンシンに古くからあるビジネス作法にただ則っているだけであった。ビール数杯を飲み干した男たちは、誕生したばかりのバイク会社をどう呼ぶかで、深い議論を繰り広げていた。ホッグは猛禽類のKestrelを押していた。バークはトレック(Trek)を好んだ。その名が旅や冒険のイメージを呼び起こしたからである。彼はその言葉に驚くべき何かが隠されているに違いないと知っていた。高い耐久性、自由、探検、品質を約束する何かが。

トレックは一度も単なる名前ではなかった。最初から、その名は様々な価値を持っていた。 

1ヶ月後の1976年の春、マディソンとミルウォーキーにある彼らの家の中間に位置するウィスコンシン州南部の納屋で、2人の夢想家は芸術性に優れたバイクの製造ビジネスに乗り出した。ウォータールーという地理的に便利な町で、ディック・バークとべビル・ホッグの夢が、現実のものへとなったのだ。 

1976年に納屋での操業が開始したときは、5人が雇用者名簿に名を連ねていた。初年度、トレックは904本のツーリングフレームを作製した。スチールチューブ、ラグ付き、銀ろう溶接、手作り、丁寧な手塗り。 

職人文化と反抗心が、この成りあがった若きアメリカ人たちの中で育まれた。すべての曲げ加工と溶接は意図的に行われ、丁寧に組み立てられた彼らのフレームが、優れたバイクはヨーロッパでのみ作られるというしきたりを打ち壊した。トレックは考え方を改めようとしたのだ。当時、私たちの次の一手が、サイクリングをすっかり変えてしまおうとは思いもしなかった。 

40年経った現在、トレック本社は最初の納屋から1マイル道を上ったところにある。ただし、施設はかつてより広大だ。私たちが現在使用する建物は、バイクテクノロジーの進歩を、これまでのどこのブランドよりも目にしてきた。そこで働くエンジニアや開発者が謙虚でいるのは、私たちの旅に決して終わりが来ることがないことを理解し、また常に上を目指す気持ちがあるからだ。現在、トレックはいまだに家族経営されており、従業員やトレックに乗る全世界の人々もまたトレックファミリーとして迎えられている。トレックファミリーはただの思いつきではない。私たちは納屋の時代から大きく成長したが、作るバイクはすべて、トレック創立時の信条を受け継いでる。

絶え間ない進歩

創立からの40年間は、それより400年前の間に生まれた発明よりも偉大なものを目にしてきた。スポーツ自転車はこの爆発的な技術進歩に影響を受けた。トレックはその動きの最前線に立ち、バイクの能力の限界に常に挑み続けてきた。人々から愛されるバイクを作り、そこに関われることを誇りにするという私たちの創立時の信条を光栄に思いながら、絶え間なく進歩してきた結果が今の私たちである。だが、私たちにできることはまだまだたくさんあることもわかっている。この世界は、今まで以上にスポーツ自転車を求めているのだ。そしてトレックは、このシンプルかつエレガントなマシンを通じて、世界をより良い場所へと変えていく。さあ、トレックのバイクに乗ろう。

ドライビング パーク

トレックの創始者がウィスコンシン州ウォータールーに新たなベンチャーの拠点を作るよりも80年前に、ウォータールー・ドライビングパーク協会がこの町の南西部で形成された。ヘンリー・フォードが自動車を初めて発表するより2年前、「ドライビング(運転)」は別の意味を持っていた。つまりそれは、馬やバイクで競争することを意味していたのだ。

親しく語り、応援し、競い合って自らを試すべく、ウォータールーの住民たちはダートコースの周りに集まった。人間は楽しみや刺激、挑戦のためにレースをする。競争は、私たちが生まれ持つ性質なのだ。バイクが存在してきた時間と同じだけ、自転車レースも存在している。勇敢なサイクリストがダートのオーバルコースで初めて競争をしてから84年後に、トレックはその道の反対側に新たな本社を建てた。今日、トレックはこのストーリーに溢れた土地を見渡している。コースはもうそこにはないが、人間の性質は残っている。だから私たちはレースをしてきたのだ。